2017年07月06日

漢検 平成28年度第3回実施状況

とっくの昔に発表になっていたようだ。

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 15.9%。
平穏だ ^^
1級も14.5%。
高めだが、まあ、ね。

それより、全級合計での合格率が59.9%。
これは一覧表にしている中では最高の数字。
28年度でも第1・2回は通常レベルなので、今回だけがなぜか高かっただけで、易化傾向にあるわけではない、と思う。

グラフ28_3.GIF

1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

posted by 並句郎 at 20:48| 漢検 | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

漢検 平成28年度第2回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 15.5%。
前回は25.1%と異常に高かったが、元に戻ったかな。

1級も12.2%と、異常に低かった前回の5.2%からは正常化(?)した。

ほんと、前回は何だったんだろうかね。
そうそう、送られてきた漢検ジャーナルVol.20の、前回の1級合格者発表のところも、一目で人数が少ないのが分かった程だし。

グラフ28_2.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

posted by 並句郎 at 21:23| 漢検 | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

漢検 平成28年度第1回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


今回の発表は遅かったな。
10月13日現在ってことになってる。
例年、第1回の発表は8月末~9月初めなのだが。
何かあったのだろうか。


準1級の合格率は 25.1%。
11年度第3回からの一覧表の中では22年度第2回の26.3%に次ぐ高い数字。
一体どうした何があった。

それに対して1級は5.2%。
一覧表の中では最も低い数字。
なんだなんだ何があった。

発表時期のズレもあるし、ホントに何かあったのかも知れない。
1級リピーター諸氏が何かの間違いで大挙して準1級を受検した、ってことかな?
それなら分からないでもないが… まさかね ^^;


グラフ28_1.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)


posted by 並句郎 at 21:35| 漢検 | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

漢検 平成27年度第3回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 12.8%。
平均的な数字かな。

1級が16.8%と高めで、準1級より高くなった。
が、まあそれも珍しいことでもないし。


グラフ27_3.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)


posted by 並句郎 at 19:00| 漢検 | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

漢検 平成27年度第2回実施状況

とっくに発表になっていたのだと思うが、漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 9.0%。
前回エントリの予想よりかなり低い。
自分で解いてみた感触でも難しかったし。
過去5年ほど、各年度の第2回の合格率は高かったのだが…

次回、平成27年度第3回の準1級合格率は…
見当もつかないね。


グラフ27_2.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

1級もそれほど高くはないし、2級は20%を切ってるし、各級とも中期的に難化傾向なのか。
それとも受検者の質が落ちてるのか??

posted by 並句郎 at 19:35| 漢検 | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

漢検 平成27年度第1回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 14.8%。
前回エントリで12%と予想したが…
まあまあかな。

次回、平成27年度第2回の準1級合格率は、今回と同程度と予想(適当)

グラフ27_1.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

グラフを見ると、ここ4~5年、1・準1・2級とも難化傾向にあるようなないような…

posted by 並句郎 at 20:42| 漢検 | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ファミリーマートで漢検過去問

漢検サイトお知らせより。
ファミリーマートのマルチコピー機で、漢検の過去問を購入できるよー、と。

漢検は宣伝の雰囲気などが最近なんだか変わってきてるなーと思ってたが、なるほど、こういうこともできるんだね。

準1級・1級は1回分300円とちょっと高い気もしたが、まあ試しにと平成26年2月2日実施分(平成25年度の第3回検定)の準1級を買ってみた。
ファミマ.JPG操作は簡単。
B4判で合計3枚5面。
問題が1枚の両面。
答案用紙が1枚の両面。
標準解答が1枚片面。

問題をやってみた結果は後日。



現在、準1級は、
平成24年度第2回分
平成25年度第2回分
平成25年度第3回分

1級は、
平成24年度第1回分
平成24年度第2回分
平成25年度第2回分

…が購入できる。

その選択基準が分からないが、漢検サイトで無料公開されているのは平成26年度第1回分なので、さすがにそれをこっそり販売するようなえげつない真似は…
…って、あれ、無料公開問題もいつの間にか新しくなってたのか。
これも近いうちにやってみよう。

posted by 並句郎 at 20:00| 漢検 | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

漢検 平成26年度第3回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 10.6%。
前回エントリで10%と予想したが、ほぼ的中した。
これからは年3回のうちの3回目の合格率が低くなったりするのだろうか?

次回、平成27年度第1回の準1級合格率は… 12%と予想(適当)

グラフ26_3.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

posted by 並句郎 at 21:40| 漢検 | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

漢検ジャーナル Vol.14

ひと月前ぐらいに届いてたやつを今さら見てみる。

1級合格者発表以外は漢検サイトでも見られる。
…のだが、2号前のVol.12の表紙写真が消えている!
ガッツポーズの松岡修造さんだったのだが、どしたんだ?
表紙だけでなく、中身の松岡さんの記事も見られず、「マネジメント会社との取り決めにより、WEB掲載期間を過ぎましたので削除」とのこと。


さて、その、サイトでは見られない1級合格者。
「受検データ」のグラフを見ると、平成26年度第1回の合格者数は102名。
で、「ご了承をいただいた方のみ」掲載されるというお名前を数えてみると、なんとぴったり102名。
一人残らずご了承いただけたようで、めでたい、のかな?
しかし、ということは、たったこれだけで合格者全員なのか。
かなりの割合がリピーターだろうし、ここに新たに名前を載せることがいかに困難かが分かる気がする。
未合格の1級受検者の皆さん、頑張ってください。



知っ得ことば情報。
『メール』を送る感覚で、気軽に作文を書いてみよう!
んー …
普通っちゃ普通なのだが、考えてみると「作文を書く」って変じゃない?
「文を作る」=「書く」だろうから、つまり「頭痛が痛い」みたいな。
いや、文を作るまでは脳内作業であって、それを実際に手で書くのだからいいのか??
まあ、もちろん、ここでの「作文」は出来上がった文章を指すってのは分かってるけどね。
なんかちょっと気になってしまった。



日本語・漢字おもしろ調査隊。
阿辻哲次先生へのインタビューの一節。

三千年以上もの時間にわたって使われ続けている文字というのは、世界中を見渡しても漢字以外には絶対にありません。

なので、

その文字で書かれた書物や記録が圧倒的に多いということになります。

なるほどー。
まあ3千年前の段階で漢字と呼べるのかどうか知らないが。
焚書なんてことがなければもっと良かったのに。

posted by 並句郎 at 20:27| 漢検 | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

漢検 平成26年度第2回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 18.5%。
前回(26年度第1回)ほどではないが、やはり高率だ。
近年は第2回が高くなる傾向だったので、それを踏襲した、とも言えるか。
こうなると次回(26年度第3回)は低くなるはず。
10%ぐらい?


それより、1級の合格率が 6.1% と、記録してる中では最低だった。
前回も 7.1% と低かったし。
何かあったんですかね? 1級業界の方々。

グラフ26_2.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

posted by 並句郎 at 23:49| 漢検 | 更新情報をチェックする