2020年03月03日

楽観視

新型コロナ騒動の今後について楽観視する、かどうかはともかく。
「楽観視」って言葉は今までもよく目にしていた。
で、今般またたくさん見かけるので、まさかと思いつつ辞書を見てみると…

例えばデジタル大辞泉
[名](スル)物事の先行きがよいほうに向かうとみなすこと。心配しなくてよいと考えること。「市場縮小はもはや楽観視できない」

辞書にも載っちゃってるんだね。
「楽観視」なんて絶対重複表現だろうに。

例えば上記大辞泉の語義解説文や例文。
それは「視」を除いた「楽観」でも同じことだろう。
それに限らず、世で「楽観視」と言われている部分は大抵「楽観」で事足りるだろう。
ちなみに同じデジタル大辞泉の「楽観」を見ても、解説文は「楽観視」と微妙~~に違うものの誤差の範囲じゃないのこれ?


思うに、「楽観視」という言葉に違和感が無い人ってのは、「観」に「みる」という字義や読みがあることを知らないんじゃないかと思う。
「楽観視」なんて言ってる以上、「視」に「みる」という読み、少なくとも字義があることは承知しているはずだ。
そこに「観」を重ねても何とも思わないってことは、やっぱりそういうことでしょ。


まあそれで話が通じないわけでも誤解が生じるわけでもないし、そういう意味では別にいいっちゃいいんだけどね。
よくある、言葉の変化ってやつの一種なんだろう。
でも例えば「ら」抜き言葉のように省略・簡略化されるのではなく、逆に余分な字を加える方向にも変化していくとは、不思議なもんだなと思った。
あるいはそうしてわざと複雑化することで、話を何か高度化したいとか威厳を持たせたいとか、そんな心理だろうか。
それとも一文字いくらで稼ぐようなどこかのライターの仕業だろうか ^^


ググってみた。

毎日ことば~「楽観視」の「視」は必要?
東海テレビ~空言舌語~楽観視

自分としては後者の東海テレビさんに全面的に賛同するが、8年前の記事でもあり…
現状・今後については“悲観視”せざるを得ないかねぇ。

posted by 並句郎 at 02:08| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

売り切れ

マスクが売り切れてた。
札幌でもかぁ。
まあそれはいい(よくないけど)。

「売り切れ」っていう言葉。
これが「売り切る」から来ているのだとすれば、それは売る側から見ての現象であって、買う側から見て「売り切れ」はおかしいのでは? …と思った。


辞書を見てみる。
以下すべて大辞林より。

「売り切る」
商品を全部売ってしまう。売りつくす。

「売り切れ」
売り切れること。

「売り切れる」
用意した商品が全部売れる。


その商品を用意するのは当然売る側だし、やはり「売り切れる」という言い方は売る側から見てのものではないだろうか。

その辺に疑問を持つ人はいないかとググってみたがあまりいないようで、わずかにこの辺が引っ掛かった。
いや、しかし、活用とか音便とかの話ではない。
「売る」「売り切る」の主体は誰か、ということだ。
それはやはりどう考えたって「売る」側だろう。


じゃあその「売り切れ」状態を、買う側からはどう言えばいいのか。
「売切れ」か。
辞書には載っていないが、ググると多数ヒットする。
辞書に無くても用例が多数あるということは、「売り切れ」はヘンだという意識・無意識が多くの人にあるのかもしれない。

それでももし「売れ切れ」がダメなら「売られ切れ」か?
いえ、冗談です。
「売り切れ」は「売り切れ」で結構ですよ ^^

posted by 並句郎 at 21:13| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

鳥肌が立つ

毎日ことば」の記事、「鳥肌が立つ」のはどんな時?

三択に答えて送信すると、「恐ろしさや寒さのために皮膚がざらつく状態を指すのが本来の意味」なので、毎日新聞としても「感動した場合に使うことは基本的に避けています」とのこと。

うん。
そんなような話は聞いたことがある。
あるけれどもねぇ。
感動したら実際に鳥肌立つじゃん。
比喩じゃなくて現実だよ。
例えば「足が棒になる」みたいな慣用句とは別なんじゃないの?
感動して実際に鳥肌が立った時にそう表現したらダメなの?
そう主張する人は鳥肌が立つほどの感動を経験したことが無いのだろうか。
いつも言葉の誤用がどうこう言っている並句郎だが、これは許せよと思う。
それとも、感動で鳥肌が立つのは特異体質なのか? ^^;

が。
「身の毛がよだつ」も現象としては同じようなものかと思うが、こっちは怖い時にしか使わない、かなぁ。
なんとまあ節操の無い ^^;;;;;
地震の時には身の毛がよだった(と思う)が、これも慣用句ではなくて何と言うか生理学的事実なんじゃないかという気はする。


「よだつ」って何だろ?
コトバンクよりデジタル大辞泉
よ‐だ・つ【弥立つ】
[動タ五(四)]《「いよだつ」の音変化。多く上に「身の毛」を伴って用いる》恐怖または寒さのために、ぞっとしてからだの毛が立つ。


やっぱり辞書的な意味としても、感動した時に「身の毛がよだつ」と書くのはヘン、らしい。
「弥立つ」か。
いよいよ、ますます、(毛が)立つってことかな?
なーんか漢検で出題されそうな気がする。
出題実績があるのかどうかは知らない。

posted by 並句郎 at 16:25| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

ヒマシ

歯磨きしてる最中、何となく傍らの歯磨き粉(って今でも言うのかね? 「ハミガキ」っていう表記が今では一般的なようだが)の成分表示を見ていた。
で、色々ある中に「ヒマシ油」ってのを見て、ふと。

「ヒマシ油」って他でも薬品関係か何かでたまに見かけるが、「ヒマシ」って何?
「日増し」か?
何が日増し???


国語辞書を見ると漢字では「蓖麻子」で、「トウゴマの種子」のこと。
で、
「トウゴマ」は「唐胡麻」。
じゃあ、
唐胡麻=蓖麻、なのかな?と思ったらその通り。

つまり、ヒマシ油ってのはゴマ油みたいな感じ?
ゴマとトウゴマは全く別物のようではあるが。

ちなみにgoogleで画像検索してみると…
蓖麻
蓖麻子
ついでに「ヒマシ油」…これは無意味か ^^;


漢字ペディアによると「蓖」は漢検1級配当。
読みは音読みの「ヒ」のみ。
[意味]には「薬草の「蓖麻(トウゴマ)」に用いられる字。」とあるのみ。
てことは、漢検1級業界では「ヒマシ油=蓖麻子油」ってのは知られた話なのかな?

posted by 並句郎 at 18:41| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

募金

昨年、今昔写真館の「募」のところで、「募集」と「応募」の混同についてちょっと書いたが、今回は毎日新聞サイトのこの記事。

「募金」に「お金を出す」意味、6割弱が認める (魚拓)

「募金をする」という表現。お金を出すこと? 集めること?
 お金を出すこと 29.4%
 お金を集めること 41.3%
 両方の意味を持つ 29.3%



んー…
そうですか。

こうなるともう漢字は表意文字ではなくなってしまうね。

よくある誤用で、例えば「命題」だったら、まだ漢字の表意性が無くもない、ような気もするので、比較的マシ、かもしれない。
だが、「金を出す=募金」はダメだろー。
でもなぁ。
実際のところよく見聞きするしなぁ。
手遅れか。

…ってなことを言うとよく言われるのが、「言葉は変化するものだ」みたいな意見。
だから認めろ、許せ、気にするな、細かいこといちいち嚙みついてんじゃねぇよ! と。
うん。
変化するのはいい。
が、この場合は明らかな誤り、それも正反対方向への誤りが誤りでなくなろうとしている変化だ。
それは極力避けるべきだと思うんだけどねぇ。

まあ、そうやって誤用が定着してしまった言葉を、それとは知らずに自分も使ってる例は多分あるだろうけどもね。
でも今まさに変化の途中で、それが誤りだと知ってる以上、どうしても気になるのは仕方がない。
少なくとも自分は誤用しないようにしよう。

posted by 並句郎 at 21:57| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

青味がかる

例えばここの写真。
少々青味がかっている。

青でも赤でも何でもいいのだが、この場合の「○味がかる」という言葉。
今まで、「○味+が+かる」だとばかり思っていた。
つまり、名詞「○味」+助詞「が」+動詞「かる」、だと。
まあ何となくすっきりしない感はあった。
「かる」という動詞がどうも不安定というか…

で、ググってみると…
そういう意味での「かる」という動詞は見当たらない。

んで、例えばWiktionaryの「あおみがかる」によると、その語源は、
色名「あお + 接尾辞"み" + 名詞について傾向(そのようになる)を意味する動詞化接尾辞「がかる」

へー、「がかる」で一語なのか。
国語辞典でも「がかる」で出てくる。
例えば大辞林
( 接尾 )〔動詞五[四]段型活用〕
名詞に付いて動詞をつくり、そういうようすである、そのようなふうになる、そういう色を帯びるなどの意を表す。


「がかる」なんて言葉があるのか。
どうも納得いかない。
元来は濁らない「かかる」で、名詞と繋がった時に濁点がついて「がかる」になるのなら分かる。
例えば「先」+「はしる」で「先ばしる」のように。
だがもちろん「ばしる」なんて語は国語辞典に載ってない
しかし「がかる」は載っている。

…んー、そうなの?
それで納得するしかないの?
そーですか。
いや、まあ、このトシになって今さら恥ずかしい話ではありますが… ^^;

posted by 並句郎 at 19:49| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

廃止

と、いうわけ(?)で、JR石勝線夕張支線の廃止が決まったようだ。

それを伝えるネット上の記事から抜粋。
例えば朝日。
2019年4月1日に廃止することで合意

これを読んで、ふと。
4月1日に廃止、ということは、列車の運行は、
4月1日まで?
3月31日まで?
 …と分からなくなってしまったのは自分だけ、かな?

これが例えば毎日の記事だと、
4月1日に廃止
で、
運行は3月31日まで
ともあり、疑問の余地が無い。


「4月1日に廃止」というのは、おそらくJRの発表の文面(PDF)そのままなのだろう。
正式には、書類上は、それでいいのだろうが、毎日のように「運行はいつまで」ともしてくれた方が一般人には分かりやすい。
特に朝日の記事では見出しで「来年4月に廃止」とあり、それだと4月の何日に廃止なのか分からず、そこだけを見て「4月いっぱいは運行されるのだな」と解釈されてしまう可能性もあると思う。

それに、一般論としてだが、4月1日に廃止であっても3月31日まで運行されるとは限らない。
3月31日よりも前に実際の運行は終了するのかもしれないし、現時点で既に終了している可能性だってありうる。
例えばJR日高本線は現在、鵡川から先が災害のため不通になっているものの、廃止になっているわけではない。
が、仮にこのまま復旧されずにいずれ廃止となれば、運行最終日と廃止日の間は何年も開くことになる。


もし反対に路線の開業・開通の場合なら、「4月1日に開業」とあれば運行も4月1日からだろうと分かる。
その伝で、「4月1日に廃止」というのは、4月1日に“廃止状態”になる、“廃止状態”が始まる、と考えればいいのだろうか。


まあ、今回の場合は月末・年度末でもあり、3月31日までの運行なのであろうことは想像できる。
が、できればやっぱり「運行はいつまで」とも書くか、「何月(何日)いっぱいで廃止」のような書き方をした方が、自分のようなボケ老人がますます増えていく世においてはより賢明なのではありますまいかねぇ報道関係の皆様。

posted by 並句郎 at 21:20| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

轡首

こんなブログを見に来る奇特なかたは一体どんな語で検索して来るのか、を時々見ることがある。
もちろんまあ様々ではあるのだが、「轡首」で検索されることが結構多いようだ。
それでたどりつくページがこちら
…何の参考にもならないページで申し訳ありません ^^;
なので、もうちょっとちゃんと調べて、少しは実のあることを書いておこうかと。


轡首。

音読みで「ヒシュ」。

「成美堂'12」の音読み問題で、「轡首をもって馬を制御する。」として出題されている。
実際の漢検での出題実績があるのかどうかは知らない。

手持ちの漢和辞典・国語辞典、ネット上の国語辞典、漢字ペディア、いずれにも見当たらない。
日本語のページをググってみても、ほとんどは漢検関連のブログ記事。

ところが中国語のページだと結構ヒットする。
 繁体字
 簡体字
検索結果には説文解字とか康熙字典とかの文字も見えるが、ためしに繁体字の検索結果トップのこのページに見える、語義解説らしき「帶嚼子的籠頭」をエキサイト翻訳にかけてみると、「くつわのおもがいを持ちます」と出た。

「おもがい」とは、大辞林によると、「馬の轡(くつわ)を頭と首につなぎとめる組紐」とのこと。

馬具の知識なんて皆無なのでよく分からないが、とにかくまあ「轡首」ってのはその辺りを指すんだろうと想像。

で、「轡首」という語は、少なくとも現代日本語では“熟語”と呼べるほどには熟れていないかも知れないが、だとしてもまあ文字通りに「轡(くつわ)」の“首”的な部分、っていう解釈でいいんじゃないだろうか。
首ってのは、例えば船の場合の「船首」の首かね?
先端? 端っこ? 的な??

結局はっきりしなくてまたまた申し訳ありません ^^;;;


なお、「轡」の訓読みは「くつわ」の他に「たづな」もあり。
また、漢和辞典によると「轡」は会意文字なので、「ヒ」という音は無理やり覚えるしかなさそう。

posted by 並句郎 at 22:34| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

続・命題

かなり前になるが、世間では「命題」という言葉の意味の取り違えが多い、と書いた。
あまりに多すぎて、新聞社なんかではもう誤りが誤りではなく公認されてるんじゃないか、と。

ところが。
先月になるが、産経のこの↓記事。

【赤字のお仕事】 「至上命題」を言い換えるのが「最重要課題」です



産経新聞の校閲担当者が、記事原稿中の「至上命題」は誤りなので「至上命令」とか「最重要課題」などと言い換えている、という話。

あれ、そうなの?
公認じゃないんだ。
その割にはよく見るけどなぁ…

念のため産経のサイトで「至上命題」を検索してみると、誤用が出るわ出るわ。
岡山空港にとって新路線誘致は至上命題
公明党は「全員当選」を至上命題にしている
「安全・安定輸送」を至上命題とするJR東海」…

ネットの記事は校閲を通ってないのかも知れないが、それにしても。

上記記事は「至上命題」だけについての話になっているが、単なる「命題」でも同じことで、もちろん産経だけの話でもない。
もういちいち検索もしないが。

取りあえず、まあ、少なくとも産経では誤用が公認ではなかったということで、いくらか安心した、ような。
もう完全に手遅れだとは思うけどもね。
自分としても今さら声を大にして誤用だ怪しからんと言いたいわけでもない。
それでも、本来は誤用だということは知られていいと思うし、少なくとも新聞記事なんかでは誤用して欲しくない、んだけどなぁ…

posted by 並句郎 at 19:24| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

大震災の余震?



先週12日のやや大きな地震。
朝日新聞デジタルによると、「(気象庁は)「東日本大震災の余震とみられる」と発表した」らしい。

言いたいことは分かる。
だがちょっと待って欲しい ^^

「地震」と「震災」とは別だ。
「震災」とは、「地震による災害」のことで、主語は「災害」。
一応、大辞泉。

なので、「地震の余震」なら分かるが、「震災の余震」じゃ日本語になってない。

この、「地震」と「震災」の区別がされないケース、以前から気になっていた。
そのあたり、もはやマスコミには期待できないのだとしても、気象庁はちゃんと区別しろよ。

ってことで気象庁のサイトも見てみると…
ちゃんと「地震の余震」と書いてあるぞ。
気象庁が正しく「地震の余震」と発表したのを、朝日の記者はわざわざ「震災の余震」と書き換えたのか?
ひょっとしたら気象庁の会見の席上では「震災の余震」という言い方をしたのかも知れないが…

まあ、朝日だけじゃないし、今回だけの話でもないが、しかし言葉で商売してる人間が「震災の余震」なんて言い方に引っ掛かりを感じないものだろうかね?
「"大震災の余震"」でググると、まあ出るわ出るわ。
そういう言い方をしましょうってな業界ルールでもあるのか?

震災関連で言えば、「放射能」「放射線」「放射性物質」の混同もよく見られる。
以前書いた「命題」もそうだし、まあ、内容だけでなく日本語そのものについても、マスコミなんて信用しないことだ。

posted by 並句郎 at 20:05| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする