2020年08月10日

漢検準1級 2019年度第1回

漢検サイトで公開されている“問題例”をやってみた。

結果、176/200点。

前年(平成30年度第1回)と同じ176点で、過去問挑戦シリーズでの最低得点タイ。
しかし前回の合格率は6.3%。
今回は15.4%。
それで同得点ということは…
着実に劣化?退化?老化?しているようだ ^^;





以下、ネタバレ注意。


(今回間違った問題) →○正答 ×誤答 …感想


●音読み

(婁宿)の清朗なる夜に月を翫ぶ。 →○ろうしゅく ×るしゅく
…「婁」が「ろう」か「る」かで迷い、一か八かで「る」として誤り。
 「婁宿」ってのは古代中国式(?)の星座の一つらしい。
 んー、そんなもんの読み方まで知ってなきゃダメすか?
 二十八宿とかいうことで28個あるようだ。(コトバンク


(畦丁)籠を負いて至る。 →○けいてい ×けいちょう
…「畦」の音読みは知らなかったが、「圭」を音符と見たまでは正解。
 が、「丁」は「てい」ですかそうですか。
 漢字典によると「畦丁」とは「畑作り。農夫。畦夫。


●訓読み

あれこれと昔のことを(穿)り返す。 →○ほじく ×ほじ
…これも迷ったが、「穿り返す」ならやっぱり「ほじくり返す」か。


倭文(しず)の(苧環)繰り返し通う心ぞ面白き。 →○おだまき ×おだま
…「苧環」なんて知らん。
 が、「苧」の訓読みは「お」しか知らないし「環」は「たま」だろう。
 しかし「苧環」なら「環」は濁って「だま」かも。
 …と、いい線いってたが…
 そもそも「環」に「たま」の読みは無いようだ。
 で、「倭文の苧環」とはこういうことらしい。


●熟語の音読み

(輯睦) →○しゅうぼく ×ゆうぼく
…「揖」について過去に書いたことを思い出し、
 ここでは「あつめる」意ではないから「しゅう」ではなく「ゆう」だろうと考えて誤り。
 「揖」じゃなくて「輯」だもんね。
 漢字ペディアや漢和辞典を見ても「輯」に「ユウ」の音は無いようだ。


●書き

何かと(ヨロク)の多い仕事に就いた。 →○余禄 ×余★
…迷った結果、「禄」の示へんを衣へんにしてしまった。
 漢字ペディアによると「禄」は「天からの贈り物」とか「役人の給料」とのこと。
 そうした意味合いは知っていたのだが、その「贈り物」とか「給料」が
 なぜか布地であるイメージが自分の中ではあるものでつい。


(ケイバク)を解かれて獄舎を出る。 →○繫縛 ×刑縛
…んー、「刑」としての「繫」ではあると思うのだが… ^^;
 単に「繫縛」という語を知らなかっただけか。


祖母の背中一面に(ヤイト)の跡がある。 →○灸 ×熨
…「火熨」のイメージから何も考えずに「熨」として誤り。
 そうだね、「灸」だったね。


当夜は(ショコウ)を回った頃会社を出た。 →○初更 ×(降参)
…文意から真夜中あたりを指す語かと思ったが、「ショコウ」なんて知らん。
 デジタル大辞泉によると「およそ現在の午後7時または8時から2時間をいう。」とのこと。
 「五更の第一。」ってことは、その「五更」も知ってなきゃなのか。
 同じくデジタル大辞泉


●四字熟語 意味と読み

貞節堅固なること。 →○(鳴蟬)潔飢→めいせん ×(黄絹)幼婦→こうけん
…「黄絹幼婦」という四字熟語は初見で意味も分からなかったが、
 「貞節堅固」っぽい語が他に見当たらなかったので。
 「鳴蟬潔飢」ってそんな意味だったっけ?
 漢字ペディアに無いので四字熟語辞典様より。
 「気高くて清らかな心の人は、どんなときでも信念を曲げることがないことのたとえ。
 んー、「貞節堅固」とは微妙に違う気もするけどなぁ。
 ちなみに「黄絹幼婦」は漢字ペディアより、「絶妙な文章のこと。
 その[由来]が面白い。


●類義語

哀歓≒(???) →○休戚 ×(降参)
不調法≒(???) →○莫逆 ×(降参)
…他の選択肢を潰して、最後に残ったのが「きゅうせき」と「ばくげき」。
 全く分からなかった。
 漢字ペディアより「休戚」とは、
 「喜びと悲しみ。幸いと不幸。
 「」の表外読みに「さいわ(い)」「よ(い)」がある。
 それは知らなかった。
 同じく漢字ペディアより「莫逆」とは、
 「非常によく気心が通じ、互いに争うことのないこと。
 いや、それは知ってたぞ。
 四字熟語の「莫逆之交」で。
 だがそれは「ばくげき」ではなく「ばくぎゃく」として覚えていた。
 漢字ペディアでも「ばくぎゃく」で載ってるじゃん。
 [参考]として「「バクゲキ」の慣用読み。」とは書いてあるけど。
 納得いかないな。


●故事・諺

(ジジョ)の交わりを結ぶ。 →○爾汝 ×(降参)
…これは受検当時なら答えられた気がする。


(タイカン)は忠に似たり。 →○大姦(奸) ×大諫
…あー、これも受検当時なら… ^^;


●文章題 書き

(ホウチュウ)を過ぎ、室の戸を開きて入りしに… →○庖厨 ×烹厨
…こ、これも当時なら… ^^;;;;;


●文章題 読み

膝の頻りに(戦)かれて立つに堪えねば… →○おのの ×そよ
…「戦」は「そよ(ぐ)」とも読むが、それなら「戦”が”れて」になるはずだね。
 意味的にも「そよぐ」じゃおかしいし。
 ダメだー。

posted by 並句郎 at 19:57| 漢字 | 更新情報をチェックする