2019年05月05日

無差別級漢字 今昔写真館 026 「令」

和。
konjaku026.JPG





札幌護国神社前。
撮影は一昨日。
もっとこう「令和」の字をドーンとでっかくした方がいいような気もするが、パチンコ屋でもあるまいし、この方が気品があっていいか。


漢字ペディアによると「令」は漢検7級配当。
部首は「𠆢」。
読みは、
 音読み=レイ・(表外)リョウ
 訓読み=(表外)いいつけ・おさ・よ(い)

[なりたち]は、
会意。亼(しゆう)(=集。あつめる)と、卩(せつ)(人がひざまずいた形)とから成り、人を集めて従わせる、いいつける意を表す。


他の漢和辞典を見ても成り立ちとしては同じようなことが書いてある。
で、そういう「従わせる」「いいつける」ような意味合いが感じられる「令和」という元号は怪しからん!とかいう輩もいるようだ。
確かにこの字の第一義だけを考えればそうかもしれない。
「命令」「訓令」など、上記漢字ペディアの[下つき]の熟語を見れば、そう言いたくなる気持ちもまあ1ミリぐらいは分かる。
が、言うまでもなく漢字というのは一字一義ではない。
訓読みでいうところの「よ(い)」という字義も確かにある。
「令和」の典拠としても「令月」だし、ほか「令室」「令嬢」など、漢字ペディアの[「令」から始まる言葉]を見れば、俄然「よい」意味での熟語が増える。
そして「令和」もその「『令』から始まる言葉」だ。

なので。
これがもし「和令」だったらちょっとマズい気もしないでもないが、「令和」を問題視するような連中はそもそも元号というもの自体が気に入らずに難癖つけたいだけなので無視すればよい。

posted by 並句郎 at 23:55|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする