2018年06月29日

無差別級漢字 今昔写真館 014 「徐」

行してください。
konjaku014.JPG



札幌市内某所。
撮影は昨年。
一見すると「自転車の徐行はキケン!」と言ってるように見えてしまうのは自分だけ?
ん!? …と思わせて減速させようという高等戦術だろうかね ^^


漢字ペディアによると「徐」は漢検3級配当。
部首は「彳」。
読みは、
 音読み=ジョ
 訓読み=(表外)おもむろ


「徐(おもむろ)に」は、意味が取り違えられている言葉として結構有名かもね。
例えば日テレNEWS24(魚拓)
本来の意味は「ゆっくりと」だが、「不意に」という意味で使う人が約4割に上った。

あ、え?
あぁ、そうですか。
自分もかつては誤解していたが、「不意に」って感じじゃなかったなぁ。
不意といえば不意かもだが、別の言葉にすれば「なにげなく」がぴったりくる感じ。
まあいずれにしても「おもむろ = 徐」であることを知れば「ゆっくりと」なのは納得。


で、上で例示するためにページを探していて、別のこんなのも見た。
コトバノ様(魚拓)
「やおら」の意味も知っておこう
「やおら」も「徐ら」と書く
静かにゆっくりと動作する様子


え?
そーなの?
へー。
これは今まで知らなかった。
「やおら」こそ「不意に」とか「急に」ってイメージだった。
これも「ゆっくり」なのか。
で、「徐ら」と書く、と。
大辞林にも載っているから間違いないのだろう。
「徐」の読みとして「やお(ら)」は漢字ペディアに載っていないし、漢検受検には不要な知識だとは思うけれども。


「徐」の字の成り立ち。
例えば漢字典では、音符「余」の意味付けとしては「舒」に通じて「ゆるやかの意」とし、「彳」と合わせて「ゆっくり行く、「おもむろ」の意を表す」とのこと。

posted by 並句郎 at 22:12|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする