2018年05月24日

募金

昨年、今昔写真館の「募」のところで、「募集」と「応募」の混同についてちょっと書いたが、今回は毎日新聞サイトのこの記事。

「募金」に「お金を出す」意味、6割弱が認める (魚拓)

「募金をする」という表現。お金を出すこと? 集めること?
 お金を出すこと 29.4%
 お金を集めること 41.3%
 両方の意味を持つ 29.3%



んー…
そうですか。

こうなるともう漢字は表意文字ではなくなってしまうね。

よくある誤用で、例えば「命題」だったら、まだ漢字の表意性が無くもない、ような気もするので、比較的マシ、かもしれない。
だが、「金を出す=募金」はダメだろー。
でもなぁ。
実際のところよく見聞きするしなぁ。
手遅れか。

…ってなことを言うとよく言われるのが、「言葉は変化するものだ」みたいな意見。
だから認めろ、許せ、気にするな、細かいこといちいち嚙みついてんじゃねぇよ! と。
うん。
変化するのはいい。
が、この場合は明らかな誤り、それも正反対方向への誤りが誤りでなくなろうとしている変化だ。
それは極力避けるべきだと思うんだけどねぇ。

まあ、そうやって誤用が定着してしまった言葉を、それとは知らずに自分も使ってる例は多分あるだろうけどもね。
でも今まさに変化の途中で、それが誤りだと知ってる以上、どうしても気になるのは仕方がない。
少なくとも自分は誤用しないようにしよう。

posted by 並句郎 at 21:57| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする