2017年06月28日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘300 「幌」

平橋。
kaiko300_1.JPGkaiko300_2.JPG


ほろひらばし。
札幌市。
撮影は1997年。
kaiko300_3.JPG
「幌」は札幌の幌。
「平」は豊平の平。
昭和2年の初代架橋当時、札幌と、対岸の豊平町(現在は札幌市豊平区など)を結んでいたことからの命名。
アーチ部分は階段になっており、冬季以外は登ることができる。


漢字ペディアによると「幌」の読みは、
 音読み=コウ
 訓読み=ほろ


音読みの「コウ」は一般にはあまり馴染みが無い気がするが、札幌では「幌南(コウナン)」とか「幌東(コウトウ)」とかの形で病院やら学校やらの名称に使われているので違和感は無い。

漢和辞典を見ると、一人前の熟語扱いにはされていないが、「幌」の解説文中に「幌子(コウシ)」という語が出てくる。
意味は、例えば漢字典によると「居酒屋などの看板の旗」とのこと。
居酒屋の旗?
見たこと無いなーと思って画像をググってみると
中国のもののようだ。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

さてこの「漢検準1級配当漢字 懷古寫眞舘」。
今回の300回を節目に、更新を終了します。
準1級配当漢字は、開館当初で1,013字、現在はおそらく850字。(参照)
なのでまだまだネタにしてない漢字はありますが、使える写真がもう無くなってきました。
「風が吹けば桶屋が儲かる」式にこじつけていけば、どんな字でも写真でも使えなくはないけれども…

そのうち今度は「無差別級漢字 今昔写真館」とでもして、配当級にも写真の新旧にもこだわらない形で始めようかと考えています。

posted by 並句郎 at 23:11|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする