2017年06月25日

「エンデュアランス号漂流記」

170625.JPG中公文庫BIBLIO
アーネスト・シャクルトン 著、木村義昌/谷口善也 訳
エンデュアランス号漂流記
(2003年6月15日 初版印刷、2003年6月25日 初版発行)


“漂流もの”は沢山読んできたが、南極・南氷洋でのそれは初めて。
ちょっと前に、手持ちの「八甲田山死の彷徨」を読んでいたので、寒い話が続くなーというのがお気楽一般市民の感想 ^^;


100年前、イギリスの南極探検隊の遭難・漂流の話。
その隊長の著であるからして、不名誉な部分なんかは端折られてるんじゃないかと勘繰ってしまうが、だとしても素晴らしいリーダーシップだ。

南極大陸上陸寸前に船が氷に捉われ閉ざされ氷ごと漂流、やがて船は壊れ沈没するも隊員は氷に乗り移ってさらに漂流、小さなボートで島に上陸、そのボートで別の島への航海、そして着いた島での山越え…
氷のせいで遭難し船も失うが、その氷のおかげで助かる、という、えーとそういう四字熟語は何かあったっけ?
んで、結局、漂流が始まってから1年半かかるも全員が生還。
この手の話で全員生還ってのがすごいんじゃないかね?
幸運もあったのだと思うが、リーダー次第でこうも違うか、と、「八甲田山…」と比べて思わざるを得ない。
もちろん比べられるものでもないけれども。


ただ、原著のせいか翻訳のせいか、全体になんとなく日本語としてこなれてない感じがした。
原著者が作家ではないし仕方ないか。
その点はさすがに新田次郎著の「八甲田山…」の方が…

まあしかしそんな些細なことはどうでもよくなるような、寒々しいけど大変面白い物語。
実話だしね。

ちなみに船名の「エンデュアランス」って何かなと思ったら、「endurance」で、忍耐とか耐久力とか、そんな意味だった。
船は耐え切れずに沈んじゃったけど、乗組員にはふさわしい名だ。

posted by 並句郎 at 18:57|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする