2017年06月11日

「漢字のおさらい」

170611.JPG自由国民社 おとなの楽習24
吉田誠夫 著
漢字のおさらい
(2012年2月9日 第1刷発行)


「はじめに」より。
「漢字のおさらい」とは…
漢字のもつ社会的・文化的な機能がどのように生まれたのか、その歴史や意味をもういちど確認する
とのこと。


目次。

・中国編
1 文字の起源
2 甲骨文と金文
3 書体の変遷
4 字典の編纂
5 六書
6 部首
7 則天文字
8 簡体字
9 増え続ける漢字

・日本編
1 日本人と漢字の出会い
2 万葉びとの漢字遊び
3 国字と国訓
4 常用漢字の改定
5 人名漢字
6 義務教育で習う漢字

・難読語編
1 難読語とは何か
2 難読漢字クイズ



特に日本編では万葉から一足飛びに常用漢字の話になったりして、丹念に歴史を追ったような内容ではない。
薄めの本だし、ですます調で、まさに“楽習”って感じで気楽に読める。

日本での漢字の歴史については類書を何冊か読んでいたので、個人的には中国編が面白かった。

まあ、例えば漢検でやっている漢字教育サポーター育成講座(≒漢字教育士講座(?))とやらに比べればその100分の1にも満たない内容だとは思うが、自分のようにサポーターとか漢字教育士を目指す気力も知力も財力も無い方にはいいかも ^^

posted by 並句郎 at 18:49|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする