2017年04月11日

漢熟検の過去問 2016年度第3回

漢熟検のサイトに、2016年度第3回の検定問題(と解答)が載っていた。

で、2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 91点
 1級 80点!
  (合格基準は80%程度の正解)

2級はもう少し取りたかった。

1級は前回に引き続き簡単だった印象。


1級恒例の専門用語問題は、1月~12月の“異名”の書き問題。
最も一般的な、例えば、1月=睦月とか、12月=師走などは知ってるのだが、それ以外はさっぱり分からん。
10問中1問しか分からなかった。
にもかかわらず全体では80点と、合否のボーダーライン上。
ということは…
月の“異名”を知っているか否かで合否が決まるケースがかなりあろうかと思う。
それって、試験の質としてはちょっとどーなのか。
まあ、どんな試験にもそういう要素はあるとは思う。
例えば日本史の試験だったら、○○時代は出題されたが△△時代は出なかった、とか。
しかし漢字の試験ならばそうした偏りを避けることは容易なはずで、事実、漢検(R)ではこうした出題はされないだろう。
1級に合格したければあらゆる分野に精通しておけってことなのだろうか。

…などと、受検者でもないのに無知を棚に上げて噛み付いてもみっともないだけだが ^^;;;



今回の合格率は、
 1級…42.8%(前回=50.0%、前々回=42.8%、前々々回=16.6%、前々々々回=12.5%、前々々々々回=21.4%)
 2級…33.3%(前回=31.2%、前々回=35.0%、前々々回=43.7%、前々々々回=36.8%、前々々々々回=61.9%)
1級は前回が高すぎだったが、今回も高め。
40%台で落ち着くのだろうか。

posted by 並句郎 at 20:06| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする