2016年07月31日

漢検1級・2級 平成27年度第1回

漢検サイトで公開されている“問題例”準1級をやったついでに1級と2級もやってみた。

結果、
 1級= 67/200点
 2級=191/200点

まあ、そんなもんだろうかね。

以下、ネタバレ注意。





1級では、熟字訓で「ヒヤシンス」が正解のところをひらがなで回答したのが正答扱いなら、プラス1点で68点になる。
少なくとも問題用紙・答案用紙にはひらがなでともカタカナでとも書いてないが、どーなの?
あっさりググってみたところではどちらでも可、のようだが、まあどっちにしても焼け石に水ではある。

同じく熟字訓問題で「わからずや」が正解できたのは嬉しかった ^^

四字熟語の書き取り問題はほぼ壊滅状態。
1級の四字熟語なんて知らんもんね。
唯一自信を持って正解できた「(跼天)蹐地」の他は、ひらがなの選択肢中の「ろうだん」が「壟断」だろうと想像できただけ。
なので「蹐地」以外の9問全ての回答を「壟断」にするという下劣な作戦で2点を稼ぐ ^^;;;;;;;;

同様に対義語・類義語でも、自力正解できた(「質倹」の対義語)「贅沢」以外の回答を全て「忖度」にするという…
そのあたり、準1級プラスまでの勉強ではまるで太刀打ちできないのでね。
忖度してやってください。


2級では、部首問題でいつも苦労するのだが、今回はなんと9/10問正解できた。
その割に得点が伸びていないのは、他の問題でのケアレスミスのせい。
それと、どうしてもついて回るド忘れ。
それはトシのせいでもあるのかも知れない。
仕方無い。
これも忖度してやってください。

posted by 並句郎 at 22:56| 漢字 | 更新情報をチェックする