2016年07月27日

漢検準1級 平成27年度第1回

漢検サイトで公開されている“問題例”がいつの間にか新しくなってたのでやってみた。

結果、188/200点。

割と簡単だった、ような。
この回の合格率14.8%から見ると平均的な難易度かと思うが、その問題で、実際の受検から7年も経った今でも188点取れたのは嬉しい。
こうして細々とブログを続けている効果だろうか。
つーか、もう7年か…
まさに光陰如箭。



以下、ネタバレ注意。


(今回間違った問題) →○正答 ×誤答 …感想


●音読み

(渚宮)の東面煙波冷ややかなり。 →○しょきゅう ×しょぐう
…これは迷った。
 漢字ペディアYahoo!辞書には「渚宮」の掲載無し。
 いくつか漢和辞典を見ると、いずれも「ショキュウ」。
 「キュウ」と「グウ」の使い分けのルールはあるのだろうか。
 漢字源の「宮」の項に[参考]として、
 「「神社」の意味では「グウ」「クウ」と読む。
 とある。
 ググると、この問題文の「渚宮」は宮殿の固有名詞のようだし、
 それなら仕方ないか。


●訓読み

(埠)を離れる船を見送った。 →○はとば ×おか
…「おか」じゃないとは思ったのだが、「はとば」は出てこなかった。


●表外読み

反対派が勢力を(伸)してきた。 →○の ×のば
…「のば(して)」じゃ送り仮名も合ってないが、他に思いつかなかった。


徳義も地を(掃)うに至った。 →○はら ×さら
…言われてみればしっくりくるが、これは降参だった。


●書き

大器の(ヘンリン)を示した。 →○片鱗 ×辺鱗
…そうだよなぁ。
 「辺」じゃちょっとヘンな気はしていたのだが深く考えなかった。


大軍が(ウンカ)の如く押し寄せた。 →○雲霞 ×雲蚊
…「うんか」と言うとどうしても蚊柱を想像してしまう。


(ケイシ)に恵まれず一代で絶えた。 →○継嗣 ×継子
…「継子」じゃ「ままこ」だ ^^;


●故事・諺

(ヨウリュウ)の風に吹かるるが如し。 →○楊柳 ×揚柳
ブログにも書いたのに…
 情けない。




「片鱗」だの「楊柳」だのは正解したかったところ。
いつも何問か苦労する共通漢字問題が簡単だった印象。

ハンダを「盤陀」なんて書くのはまったく知らなかった。
「半田」でいいじゃん。
ってか「ハンダ」って何? 何語?
Wikipediaによると、外来語ではないが由来ははっきりしない、とのこと。

posted by 並句郎 at 19:37| 漢字 | 更新情報をチェックする