2016年07月16日

祇園? 祗園?

以前、「ぎおん」の「ぎ」は「」が正しく「」は誤りで、その誤りが散見されるのはそもそもはMS-IMEのポカが発端だ、みたいなことを書いた。
それに関連して。

毎日新聞のサイト内の、
校閲発:【毎日ことば90秒】「ぎおん」どう書く
のページの動画より、一部を文字起こし。

ではパソコンで「ぎおん」と入力してみましょう。
なんと、全く違う字のはずの1画多い字(園)も変換候補として出てきます。
紛らわしいですね。
実はこの1画多い方の字を使って「ぎおん」と読ませる地名があるのです。
川崎市中原区木月園町です。
園の地名は全国的にあり普通はこちらの(正しい方の)園なのですが、別の地名が存在するためにパソコンでは変換候補に登場するのでしょう。



最後が「のでしょう」と断言してはいないものの、「木月園町」ってのがあるからPCの辞書にも「園」が載っているのだ、と。
へー、そうなのか。

ん?
しかし、だとすると、「木月園町」では載ってたとしても、「園」単独では載っていないはずだ。
例えば最近「木月」と「園」が一緒になって木月園町ができたのなら別だが、Wikipediaによると木月園町が成立したのは1940年とのこと。
コンピュータが一般化する遥か前の話。
木月園町以外に「園」という地名があるのだろうか。

国土地理院の地図サイト(電子国土Web)で「園」を検索してみると14件出てきた。
列挙する。

埼玉県狭山市園:埼玉県狭山市
小山氏城跡(園城跡):栃木県小山市
園橋:兵庫県たつの市
園橋:香川県三豊市
市立園中学校:長崎県佐世保市
木月園町:神奈川県川崎市中原区
園越:和歌山県田辺市
園山:岡山県高梁市
園:広島県庄原市
園谷:広島県庄原市
園:山口県田布施町
園:福岡県添田町
園:佐賀県嬉野市
園山:長崎県長崎市

結構あるね。
するとなぜ毎日の動画では木月園町だけを例示したのだろうか。
そこでの毎日新聞の購読率が高いのだろうか ^^
ちなみに「園」で検索すると138件だった。

…って、今これを書いていて気がついたが、自分のPCでは「きづきぎおんちょう」と打っても「木月園町」しか候補に無い。
(MS-IMEのバージョンは 10.1.7601.0)
どーなってるんだ!
一体どれが何が正しいんだ!
国土地理院だって信用していいのかどうか…



えーと。

上掲の園地名それぞれの由来を調べてるヒマは無いが、園精舎に関係するのだとすれば本来は「園」なのだろう。
それがなぜ「園」の表記になったのか。
ここなんかでは「Windowsが誤字フォントをずっと収録し続けているせいで自治体が誤ったものでしょう」なんて書いてる人もいるが真偽不明。

だが木月園町の場合、上記Wikipediaによると元は「園」だったものを2004年に「園」に変更している。
その頃の一般的なPC(フォント)だとおそらく「」のしめすへんが「ネ」になっていて、これを「示」にしたかったので「」に変えたのではないかと推測。
その際に横棒1本の違いに気がついていたのかどうか。
気がついていながら変更したのだとすればあまりに乱暴な話ではある。


結局、何もはっきりとは分からない。
ここは是非とも毎日新聞に真相を解明してもらって、もう一度あのおじさんに動画で教えて欲しいものだ ^^


*******************************************
 2017.8.20 追記
  木月祗園町については こちら もご覧ください。
*******************************************

posted by 並句郎 at 16:39| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする