2016年01月25日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘280 「汀」

光る
kaiko280.JPG



北海道・長万部の海岸。
撮影は1991年。
長万部であることを示すものは何も無いが…


漢字ペディアによると「」の読みは、
 音読み=テイ
 訓読み=みぎわ・なぎさ

漢検準1級の問題では「汀渚(ていしょ)」としてよく出てきたと思う。
四字熟語の「長汀曲浦」ってのもあった。
要するに訓読みの通り「みぎわ・なぎさ」で、何のヒネリも無い…と言っては失礼か ^^;


漢和辞典を見てみる。

音符「丁」の意味付け。

・漢字典
「打」に通じて「うちあたる意」で、さんずいと合わせて「水のうちよせる「みぎわ」の意を表す」。

・漢語林
くぎを打って固定させるの意味」で、さんずいと合わせて「寄せる波のなだらかになる所、なぎさの意味を表す」。

・漢字源
T型、たいらな面に直角に当たる」。

三者の微妙な違いがなんとも。


「なぎさ・みぎわ」と言えば「渚」も同じ。
「汀」と「渚」の使い分けについての記述はちょっと見当たらなかった。
が、「渚」の場合は以前のエントリの通り「洲」の意味合いがあるようだが「汀」にはそれが無く、使い分けと言うか字義の違いとしてはその点だろうか。
*******************************************
 同日訂正
  すみません、「汀」にも「洲」の字義がありました。
*******************************************


で、現代日本では「汀」も「渚」も人名で使われることが多いかと思う。
以前「渚」で画像検索してみたら2次元ばっかりだった。
一方「汀」では3次元ばっかり。
この差は何だろうかね??

posted by 並句郎 at 19:50|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする