2015年03月30日

漢字典

漢字典.JPG1999年初版、2006年第二版、2010年重版発行の
旺文社「漢字典」をBOOKOFFで200円で入手。

ほぼ新品状態。

今後このブログでは「漢字典」と呼ぶ。

最近、BOOKOFF札幌南2条店では辞書を100円で売ってくれない。
大抵、1,000円前後の値がついている。
その中でなぜこれだけが200円だったのか謎だが、ともあれ神様ありがとう。


旺文社の漢字典のページを見ると、現行では第三版になっているようだ。
[対象]は「一般,大学生,高校生」とのこと。

親字数は10,100余。
熟語数は49,000余。
だいたい外形サイズに見合った数だろうか。

「編者のことば」によれば、漢文の学習を意識して編集しているようだ。
漢和辞典だからまあ当然なのだが、例えば現代漢和のように現代日本語を特に意識はしていない、という意味でね。

そのせいもあってか、パラパラ見た印象は極めてオーソドックス。
良く言えば親しみやすい。

漢字典付録.JPG
この辞書の一番の特徴は、辞書そのものにはなく、
「名詩百選」という別冊が付いているところかも。
漢字典付録2.JPG
64ページの小冊子で、漢文の“名詩”とその書き下し文・口語訳・解説、という構成。
いずれじっくり読んでみたい。いつになるかは分からないが ^^;
おそらく漢検1級配当と思われる字も沢山出てくる。
なるほど、こういうものを読みたければ漢検1級の勉強もするべきなのだろうな、と思う。


定点観測。

熟語「通信」「鉄道」「電気」は掲載無し。
が、「電」の字義解説に「(4)電気。(5)電信・電話・電報の略。」などとあったりはする。

「灸」の[解字]。
形声。火と、音を表す久 キュウ(いやす意→救 キュウ)とで、火を使って病をいやす法の意を表す。

「炙」の後熟語。
「膾炙・魚炙・焼炙・親炙・燔炙」の5語掲載。


さてさて。
「灸」の[解字]を見て、はて、どこかで見たような…
と思ったら、旺文社漢和とそっくりだ。
[解字]だけでなく、音・字義解説・熟語、それに「炙は別の字」という注意書きまでほぼほぼ同一。
組み方と言うのか、体裁もほぼ同じ。
(ただし旺文社漢和は4段組1色刷、漢字典は3段組2色刷)

近辺の「炙」や「災・炎・炊」などで比較してみても、旺文社漢和を下敷きにしていることは明らか。
出版社が同じだし、漢字典の編者5名のうち1人目・2人目は旺文社漢和の“編集委員”にお名前が見えるし、まあいいんだけど、こうなるともうどちらか一方だけ見ればいいんじゃないの?ってことになる。
古い方の旺文社漢和には引退していただこうか。
長いことお世話になりました。
古くて、しかし骨董価値は無くて、売るにしても値がつかないだろうから捨てずに取っておく。
自分が死んだ時にゴミとして捨てられるのだろう。


Wikipediaの「漢和辞典」の項を見ると、旺文社漢和は「『漢字典』の前身。」とあった。
納得。
でもその“前身”の旺文社漢和の方も現行版が出てるんだよねぇ。
これだけそっくりだと、どっちか一方だけでいいと思うけどもねぇ…


誕生日漢字は「」。
「咤」の本字、ということで、「しか(𠮟)る」などの意味。
𠮟る、のか、𠮟られる、のか…

posted by 並句郎 at 23:07| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする