2015年02月27日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘250 「碍」

子。
kaiko250.jpg




青森駅。
撮影は1982年。
2本の「ゆうづる」、その右手前に大きく写りこむ碍子。
青函連絡船の桟橋に通じる跨線橋からの撮影。
この橋は、現在は…
ググると、駅の東西を結ぶ通路として現存してるんだね。
ただしホームからの出入りはできない、か。


「完全征服」によると「碍」の読みは、
 音読み=ガイ・ゲ
 訓読み=さまた(げる)・ささ(える)


「ささえる」なんて初めて見た気がするな。
…ん?
碍子の「碍」は電流をさまたげるっていう意味かと思ってたが、ひょっとして電線を「ささえる」っていう意味なのか??

辞書で「碍子」を見てみる。

・ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
 電線その他の導体を絶縁して固定するのに使われるもの。
・デジタル大辞泉
 電線を支持絶縁するために、電柱や鉄塔に取り付ける絶縁体の器具。
・百科事典マイペディア
 電線を送電塔,電柱などの支持物と絶縁するために用いられる器具。
・とっさの日本語便利帳
 送電線の鉄塔や電柱の上で電線を支え、電流を絶縁する役目を果たす器具。
・世界大百科事典
 電気導体を絶縁支持する目的で用いられる固体絶縁物。
・日本大百科全書(ニッポニカ)
 電線を支持し、絶縁する磁器製の支持物

ふーん。
「さまたげる」と「ささえる」を同時にこなすのが碍子ってことでOK?



漢和辞典を見てみる。

「碍」は「」の俗字、とか、「碍」の本字は「礙」、などと書いた辞書がほとんど。
そうでないのは漢字源のみ。
その「礙」は、漢字辞典ネット様によると1級配当らしい。

「碍」または「礙」に「ささえる」の字義を載せているのは旺文社漢和と新選漢和のみ。
その2冊にもそれ以外にも、「碍子」は別として、「ささえる」の字義での熟語は見当たらない。
「ささえる」っていう字義は、近世(?)に碍子ってものができた後に、それの機能から生じたんじゃないのかな?と想像。

posted by 並句郎 at 21:33|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする