2014年07月27日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘229 「澗」

高千穂の
kaiko229.JPG
高千穂の…
「たに」でも「たにみず」でも、どっちでも ^^;

滝は、真名井の滝。
撮影は1992年。

「完全征服」によると「」の読みは、
 音読み=カン・ケン
 訓読み=たに・たにみず

一般にはあまり馴染みの無い字かも知れないが、"鉄"としては函館線の掛駅のおかげで昔から見ている字。
今回の記事を書くにあたっても、「」の字を「かかりま→掛」の変換で出している ^^


漢和辞典を見ると、「」か「」か、つまりつくりの中身が「日」か「月」かで分かれる。

漢字源と新明漢では見出し字が「」。
で、「」は漢字源では“旧字体”、新明漢では“正字”とされている。

漢辞海・漢語林・現代漢和・新選漢和・例解新漢和・旺文社漢和では見出し字が「」。
で、「」は“異体字”などとされているか、例解新漢和・旺文社漢和では掲載が無い。

というわけで、「」の方が正統のように思える。
と言うかそもそも「間」の字の段階で、中身が「月」の「」が本来、とのこと。

ところが「完全征服」掲載の標準字体は「」。
しかし高橋などによると「」も許容されている。


要するにまあどっちでもいいのだが…
駅の画像をググってみても」ばっかり。
「"掛"」で日本語のページをググると、なんと「"掛"との一致はありません」。
古い時刻表を引っ張り出してみても、見た限りでは全て「」。
そうかぁ。
「掛」の表記をどこかで見たことある気がするんだが、気のせいだったか。

内田百閒氏なら「掛」と書いただろうかね。

posted by 並句郎 at 20:34|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする