2014年06月27日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘226 「磐」

城西郷駅。
kaiko226.JPG

いわきにしごう駅。
福島県。
撮影は1982年。
東那須野駅と同じ日。

今は新白河駅。
後の高架が開業3ヶ月前の東北新幹線。
写真をググると、後方の新しい跨線橋に繋がる位置に現駅舎はあるようだ。
駅の所在地は白河市ではなく西郷村。
そう言えば、北海道新幹線の仮称・新函館駅の名称が「新函館北斗」駅に決定したようだが、その伝でいけばここは「新白河西郷」駅。
なんなんだよ「新函館北斗」って…


「完全征服」によると「磐」の読みは、
 音読み=ハン・バン
 訓読み=いわ・わだかま(る)

漢和辞典を見ると、音符「般」の意味付けとして例えば漢語林では「大きいの意味」、漢字源では「平らに広げる」としている。


字義としては「」と重なる部分が大きいようで、現代表記では例えば「落磐」が「落盤」に書き換えられたりもする。
「完全征服」を見ると「盤」の表外読みにも「わだかま(る)」がある。
…が、「いわ」は無い。
やっぱ本来、「いわ」は「磐」、皿のようなものが「盤」なんだろう。

よく、常磐線が常盤線と間違えられたりもする… が、あれ? 地名・人名の「ときわ」は「常盤」で正しい場合もあるな。
「ときわ」は「とこいわ」から変化したもののはずで、それなら「常磐」が本来かと思うが、するとかなり古い時代から「磐」と「盤」は混用されてきたのか?
常用漢字も当用漢字も無い時代だったら、わざわざ「磐」を「盤」と書き換える理由も無いし、やっぱ混用の始まりは誰かの書き間違いだったんじゃないのかねぇ?

posted by 並句郎 at 21:05|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする