2013年11月29日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘199 「梱」

包済み。





1991年、宮城から札幌へ引っ越す時の荷物。
札幌に来て22年が過ぎた。
…とか、ただ個人的に懐かしいだけで、こんな写真見せられても困りますよねごめんなさい ^^;

困ったところで「梱」の字。

「完全征服」によると「梱」の読みは、
 音読み=コン
 訓読み=こり・こうり・しきみ


準1級の過去問に、「ナントカが二梱」とかいう読み問題があったはず。
正解は「ふたこり・ふたこうり」。
初見では当然読めなかったが、印象に残っていて今も覚えている。

漢和辞典を見ると「こり」とか「こうり」とかいうのは国訓。
行李のこと、あるいは、「包装した荷を数える助数詞」(漢辞海)とのことで、上記過去問の場合はこの助数詞だろう。


原義としては「しきみ」の方で、同じく漢辞海によれば「門の中央で門扉を止める短いくい」とのこと。
よく分からんので、「しきみ」で画像をググってみると…
なんだこりゃ。
大辞泉によると、仏前に供えられるシキミという植物のようだ。
それはそれでまあいいのだが、「門扉を止めるくい」らしきものの画像が見当たらない。

ま、漢検準1級で、
「梱」の読み問題で門関係なら「しきみ」、
「しきみ」の書き問題で門関係なら「梱」だと思えばいいのかな。
ホントによく分からない困った字だ ^^;

posted by 並句郎 at 22:40|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする