2013年10月31日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘195 「楳」

の花。
kaiko195.JPG


うめの花。
岡山の後楽園。
撮影は1987年。

」なんて字は漫画家の名前でしか見ない気がするが、ググってみると人名・地名・店名など色々ヒットする。
当たり前か ^^;


「完全征服」によると「」の読みは、
 音読み=バイ
 訓読み=うめ

漢和辞典を見ると、いずれも「」の項へ誘導され、
と“同字”(漢語林)だったり、
の“別体”(現代漢和)だったり、
の“異体字”(漢辞海)だったり。

で、“同字”や“別体”であるからして当然と言うべきか、「」と「」との使い分けについての記述は見当たらない。
だからと言って、
”とか、
”とか、
”とか書いてもいいものなのかどうか。
それぞれ日本語のページをぐぐっても、わずかしかヒットしない。


さて、前述の通り「」の音読みは「バイ」だが、しかし音符であるはずの「」に「バイ」の音はあるのか? と思って漢和辞典を見ると、そもそも「」こそが「」の“古字”(漢語林など)・“原字”(旺文社漢和など)とのこと。
で、「」に「うめ」の字義を与えているのが手持ちの8冊中5冊で、その場合には「」に「バイ」の音も載っている。
他の3冊では「」の音は「ボウ(など)」だけ。

でもやっぱり「バイ」の音は「毎」から来てるよなぁ…
あ、でも「媒」とか「煤」は「バイ」だし、やっぱもともと「」は「バイ」だったのか?

」に「うめ」の字義を与えていない辞書でさえ、例えば漢字源の[解字]では、「」は「の本字」で、「なにがしの意味に用いるのは当て字」とある。
ということは、「」はもともと「うめ」の意味で音は「バイ」だったものが、仮借で「なにがし」の意味になり音まで「ボウ」に取って代わられたのだろうか。

仮借はよく見るが、音まで乗っ取る/乗っ取られるっていうケースは多いのかな?
「媒」とか「煤」の字は、「」に「バイ」の音がまだ残ってる時代に作られたってことだろうか。

ここはひとつ、図かずお先生の見解を伺ってみたいものだ ^^

posted by 並句郎 at 23:02|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする