2013年03月07日




ちょっと色々あって、なかなか復習できないでいる準1級プラスだが、問題リストをパラパラ見てみた。
その一つ一つの字義やら語源やらを見ていったらキリが無いのだが、その中から一つ。

脳震
脳しんとう。

脳が、
震える(震えさせられる)、
までは分かるが、「」って何?


漢字辞典ネット様によると、漢検では1級配当。
音読み=トウ
訓読み=とろ(ける)、あら(う)、あらいきよ(める)、うご(く)、うご(かす)、ほしいまま(にする)

訓の中で、脳震の「」に当てはまるのは… うご(く)、うご(かす)かな?


漢和辞典で「震」を見てみると、やはり「ふるえ動く」「ゆり動かす」などの意味。
で、「震」と「震」が併記され、同義の扱いになっている。
」は準1級配当なので知っている字で、「うご(く)」の読みもある。


じゃあ「脳しんとう」も「脳震」と書いてもいいのか?

大辞泉で「のうしんとう」を見ると」の表記しか無い。
日本大百科全書でも「」のみ。
(「」と「」のバラつきはあるが)

現代日本では「」なのだろうかね。


一方、上記漢字辞典ネット様で「」のすぐ下に「」(1級配当)もあって、読みが全く同じ。
漢和辞典を見ると「」は、
 「」の異体字(漢辞海)
 「」と同字(漢語林)
となっている。(他の辞書では探せなかった)


漢検1級業界での「」と「」、あるいは「」の使い分け・扱いは知らないが、とりあえず国語辞書に従えば「脳しんとう」は「脳震」と書くべき、かも。
なので準1級プラスでも「脳震」のままにしておく。
が、まあ普通は平仮名で「脳しんとう」で充分だろうね。
漢字と仮名の混ぜ書きを気にしなければ。


なお、漢和辞典によると「」は形声文字。
音符「湯」の意味付けもされていて、例えば漢語林では「ゆらゆら動くの意味」とあり、「皿」と合わせて、「器物に水や瓦石ガセキを入れ、ゆり動かして洗い清めるの意味、うごかすの意味を表す」とのこと。

ここでの「湯」は、特に温かい「お湯」のことではないようだが、「皿」の上に「湯」と、イメージしやすく分かりやすい字ではある。

posted by 並句郎 at 22:15| 漢字 | 更新情報をチェックする