2012年04月06日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘127 「鵠」

特急 号!?
kaiko127.JPG


青森駅。
撮影は1992年。
10月の朝6時前だからまだ暗い。

白鳥と名のつく列車は今も青函間にあるが、写真は大阪-青森間を走っていた時代の青森発大阪行き。
この区間の白鳥が無くなったのは… 2001年か。
こんな列車は定期では二度と走らないだろうね。


さて「鵠」だが、まず「完全征服」によると読みは、
 音読み=コウ・コク
 訓読み=くぐい・しろ(い)・まと・ただ(しい)・おお(きい)

「鴻」を漢和辞典で見た時にも「くぐい」という字義はあったが、「鵠」の場合は漢検公認の訓読みになっている。
その「くぐい」とは、大辞泉によると、

白鳥(はくちょう)の古名。

というわけで、この写真。


「鵠」を漢和辞典で見ると、「はくちょう」の他、ほぼ「完全征服」の読み通りの字義が解説されている。

音読みの「コウ」というのは、「浩」に通じて「大きい」という意味の時の読み方のようだ。
意味によって読みが変わるパターン。
ここに追加しておく。
が、熟語で「コウ」と読むものは見当たらないし、少なくとも漢検受検のためには覚えなくてもよさそうに見える。

音符の「告」の縦棒が下に突き抜けるかどうかは準1級受検者の誰もが迷うところだと思うが、漢和辞典で「告」を見るとこの字は「牛+口」なので、自信を持って突き抜けよう ^^
「東大生」によると突き抜けない書体も許容されているようだが。
なお、当然、常用漢字の「告」を書く場合は突き抜けない方が無難だろう。


ところで、漢辞海に「鵠」の例文として次のように載っている。

燕省安知鴻鵠之志哉

これはもちろん、四字熟語にもなっている「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」だろうが、すると2文字目は「」ではなく「」だろう。
現行版では訂正されているといいのだが。

posted by 並句郎 at 23:14|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする