2011年08月31日

「図解 日本の文字」

三省堂
沖森卓也・笹原宏之・常盤智子・山本真吾 著
図解 日本の文字
(2011年5月20日発行)


漢検生涯学習ネットワークの会員通信で「新刊紹介」されていた本。

日本の文字についての本であるにもかかわらず、まず、表紙の図柄が、こりゃどう見ても物理の教科書。
で、中味も横書きで必然的に左開き。
まあ、ローマ字などについての記述もあるしね。
どうでもいいんだけど。

で、各ページの4割ぐらいが脚注のスペースで、資料の写真やらなんやらが豊富。
さすがは「図解」。
索引もあるし、これはつまり“読む本”ではなく解説書・教科書、あるいは事典かも。

目次。
第1章 総説
第2章 漢字
第3章 仮名
第4章 ローマ字
第5章 補助符号
第6章 表記法
第7章 文字と社会


▼「まえがき」より(帯にもなってるが)
日本語の文字表記は多様である反面、多元的な歴史的背景を持ち、複雑な点も少なくありません。そこで、不明な点を解決したい、初歩から学びたいというような、日本語の文字や表記に興味を持つ方々のために本書を編集しました。


…とのことなので、そういう“方々”は読んでみて損は無い。
まあ、人によって興味ある部分はまちまちだろう。
自分の場合はやっぱ漢字がメインだが、それでもその他も楽しめる。
発音の話なんかは眠くなるが ^^;


▼(P44~45)
「洗滌」のように、本来「滌」はデキと読むべきであるが、形声の音符「條(条)」にひかれてジョウと読まれるようになるなど、誤った類推に基づくものもある。慣用音のうち、このように、漢字の旁の音符にひかれて誤った類推から定着した読み方を、特に「百姓読み」と言う場合がある。


おぉ。
あのおなじみの手法(?)に名称があったとは。


▼(P60)
「仕事」「試合」「支払い」のように、「し」(和語のサ変動詞)に漢字を当てたものは、常用漢字表などで公認されている。これらは当て字だが、そのことがほとんど意識されていない。


へぇ。
「仕事」「試合」「支払い」は当て字だったのか。



(P68)(「平仮名」は)「平易で一般的な仮名」の意
(P75)(「片仮名」の)「片」は不完全の意


それも考えたこと無かったな。


最初から最後まで通して読む必要は無い。
研究者でもない一般人なら、面白そうなところだけ拾って読めばいいかな、って感じ。
いや、しかし、卑しくも漢検生涯学習ネットワークの会員ならば、じっくり全部読むべき、なのか? ^^;

posted by 並句郎 at 12:40|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする