2010年11月30日

新常用漢字表についての漢検の対応

新常用漢字表が内閣告示された。
これで最終・正式決定ということだろうか。

で、それについての漢検の対応が発表になった。(PDF)
抜粋。

新しい常用漢字表に合わせて審査基準を変更し、新しい審査基準に基づく検定を平成24(2012)年度第1回検定より行います。
なお、平成22(2010)年度第3回検定や、平成23(2011)年度の各回検定は、現行の審査基準に基づいて行います。
平成24(2012)年度第1回検定からの新しい審査基準の詳細については、平成24年度の検定日程とともに平成23(2011)年8月頃発表いたします。



来年度の第3回、つまり再来年2月(多分)の試験までは現行通り、
再来年度の第1回、つまり再来年6月(多分)の試験から変わるよ、ということらしい。

2級など難化が予想される級の受検予定の方、まだ猶予期間が1年以上ありますよ。

しかし今までと合格率を大きく変えるわけにもいかないだろうし、難化する部分と引き換えに従来の範囲内の問題は易化したりして、例えば2級なら2級の全体では難易度は変えないような気もするが。
でも勉強範囲が広がるのは避けられないだろうねぇ。
なんにせよ漢検がどう対応するのか興味がある。


でも、ま、そーゆーことなら、準1級配当漢字の懷古寫眞舘も慌てる必要は無かった ^^;

posted by 並句郎 at 11:21| 漢検 | 更新情報をチェックする