2010年10月28日

マン管試験1ヶ月前

あんなにあったはずの時間が、もう1ヶ月しか無い。
まさに光陰如箭。

前に一度やった去年の問題を、もう一度やってみた。
前回は35点。(50点満点、合格点は34点)
これについては、その後あえて復習せずにいた。
で、今回は…

36点。

うわぁ…

わずか1点の上昇。
さらなる上積みは難しい。

これはもう、合格はホントに運次第って感じ。

4択問題50問、各1点で50点満点のところ、実力で半分の25点を取り、
残りの25問はなんとか2択にまで絞り込んで、一か八かの正答率を50%と見込めばそれで12~13点、
合計で37~38点取れれば…

しかし合格点が37~38点ということも多い。
ホントにホントに運次第だなこりゃ。


そもそもマンション管理士という資格、制度自体が、今後仕分けの対象になって消滅するか、他の何かと統合でもされるかする可能性があるような。
そんな未来を見越してなのかどうか、受験者は年々減っているようだ。
Wikipediaによると過去の受験者数は、

平成
13年度 96,906人
14年度 53,317人
15年度 37,752人
16年度 31,278人
17年度 26,184人
18年度 21,743人
19年度 19,980人
20年度 19,301人
21年度 19,120人

と、ずーっと減り続けている。

で、今年(22年度)の申込者数が発表され、20,348人とのこと。
申込者数の段階で去年より7%減。
受験者数でも減少傾向は変わらないだろう。

マンション自体は増え続け、老朽マンションも増え、マンション管理士の需要は増えるはずなのだが、その資格の未来は不明瞭。
なんだかなー…


ま、とにかく、もう受験料払っちゃったし、受験はする。
が、不合格になっても来年再挑戦する気は、少なくとも今は無い。
勉強に飽きたと言うか、もっと別の漢字とかの勉強したいし、本も読みたい。
買ったはいいが読んでない本が増えるばかり…

試験1ヶ月前にヤル気失せてちゃマズいんだけどねぇ…

posted by 並句郎 at 12:17| ビジ法・マン管 | 更新情報をチェックする