2010年02月23日

詫・詑




ともに漢検準1級配当漢字。
今さらだが、個人的に混同しやすい字なので整理しておく。
各字、漢字辞典ネット様のリンク参照。

 タ、わび、わ(びる)、ほこ(る)

 タ、あざむ(く)

漢検準1級ならここまででいいのだが…


準1級プラスに「わび(しい)」として「」の字を載せている。
そのせいで先日の「び状」を書く問題では間違えてしまった。

 タ、ほこ(る)、わ(びる)、わび(しい)、わび

旺文社漢和辞典に、
 「わび」は「」とも書くが誤りとされる。
 おわびする意には「」を用いる。

とある。

」は1級の字。

 タ、イ、ほか、にな(う)、みだ(す)、わび、わび(しい)、わ(びる)

漢辞海に、
 「」の代用。
 室町時代以降、「」と「」が、字形の類似により、混用された。

とある。

旺文社漢和辞典には
 「他」の本字。
とあるので、やはりこの字には本来「わび(しい)」などの読み・意味は無いのだろう。


以上、まとめると…
おわびする場合は「」、
わびしい・わびさび等の場合は「」推奨、ということになるか。


蛇足。
「完全征服」には載ってないので漢検で出題されることも無いと思うが、漢和辞典には「」の国訓として「かこ(つ)」の読みが載っている。
「かこ(つ)」と言えば、常用漢字「」の表外読みにある。
これまたややこしい。

さらに蛇足。
」の字が、旺文社漢和辞典に載ってない。
なんらかの理由で切られたのか、でなければ、などに紛れて見落とされたのか…

posted by 並句郎 at 12:53| 漢字 | 更新情報をチェックする