2009年12月20日

ビジネス実務法務検定試験

東京商工会議所主催の「ビジネス実務法務検定試験」というのがある。

この13日(先週の日曜日)に3級を受験してきた。
漢検ほどの情熱は持てないが ^^; 、関連のあれこれを今後ここに書いていこうと思う。
受験を考えている方の参考になれば。
なお、以後、「ビジネス実務法務検定試験」を略して「ビジ法」と書く。

今日は受験当日の様子などを。


もしかしたら札幌でも複数の会場があったのかも知れないが、自分に通知された試験会場は、南22条西7丁目の、NTT北海道セミナーセンター。
市電の停留所から徒歩3分とは言え、なんという街外れ!
まあ自分の場合には市電にも乗らず、自宅から徒歩20分だったのだが、積雪も無く晴れてたからいいようなものの、あと1週間後だったら、つまり今日だったら悲惨だった。
冬だけでももうちょっとマシな所でお願いしたい。

さて、3級の場合、会場集合は午前10時。
その20分程前に会場到着。
晴れてたし、自転車でも良かったかと思った。

案内の張り紙に従って、会議室のような武道場のような、よく分からない平屋の建物に入る。
番号で見て、受験者数は130人前後のようだ。
一番後の席だったので良かった。

年配の方もいるが、大半は20代と見た。
女性も多い。
子供は見当たらない。
欠席者は少ないようだ。

10時ちょうどに、色々と説明が始まる。
試験開始から30分過ぎたら退席可です。
一度退席すると再入場不可です。
試験終了10分前からは退席不可です。
机には鉛筆(シャープペンシル)と消しゴムと受験票と身分証明書(本人確認用)だけを置いて下さい。
試験中に係員が受験票と身分証明書の確認をして回ります。
…などなど。

で、問題用紙と答案用紙が配布され、答案用紙に名前などを記入し、10時15分に試験開始。
時間は2時間。
解答はすべてマークシート。

30分が過ぎ、退席者が出始める。
自分はマークは後回しにして一通り問題を解くのに45分かかった。
で、じっくり見直しつつ、丁寧にマークしても、まだ20分以上余る。
野次馬として最後まで見届けるつもりだったので退席せず、背伸びなどしつつ時間が過ぎるのを待つ。
最終的には半数程度が途中退席したようだ。

で、12時15分、試験終了。
後から前へ答案用紙を回し送って回収。
はいお疲れ様。解散。

また20分歩いて帰宅。

13時半ころ、「資格の学校TAC」のサイトに、解答速報が載る。
自己採点すると、100点満点で99点だった。
満点かもと思ってたが残念。
満点取っても表彰されたりするわけじゃないが ^^;

成績表・合格証発送予定は1月22日。
70点以上で合格なので、名前の書き忘れでも無い限り大丈夫、なはず。

次は2級だ。


posted by 並句郎 at 16:51| ビジ法・マン管 | 更新情報をチェックする