2009年10月23日

宍粟

なんとなーく地図を見ていて見つけた。
北海道の新篠津村に「宍粟(しそう)」という地名がある。

「宍粟」と言えば、以前のエントリで触れたが、古い地名を新市名に採用した兵庫県宍粟市。
そこと、北海道新篠津村の「宍粟」との関係は…?

ググると、明治27年に、兵庫県宍粟郡出身者による集団入植があったようだ。

BEST! from 北海道 様

堀田重良伝 様


そういう、“内地”から持ってきた地名は多い。
札幌市内でも「白石」とか、他、道内で一番有名なのは「北広島」か?

大きな地図を見ているとそれらしい地名が沢山見つかる。

昨今の市町村合併などで消えた地名が北海道で生き残っているケースってのも、探せば見つかるんじゃなかろか。
探しているヒマは無いが ^^;


posted by 並句郎 at 11:51| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする