2009年07月25日

合格証書到着

書留でも何でもないが、郵便受けに入らないからか手渡しで配達されてきた。
「二ツ折厳禁」のB4用封筒で。
配達する人にとっちゃ面倒だろう。
合格証書を普通の郵便受けに入るサイズにするとか、いっそ運転免許証みたいなカードにするとかしてもらっても個人的には構わないのだが。
送料の節約にもなるし。
でも子供なら大きな免状の方が嬉しいだろうね。


●合格証書kanken_shousho.JPG
証書の左端の番号、「認証番号」というようだが、それが
第09111000011号と、ほとんど2進数のような ^^;

想像するに、
頭の[091]が「2009年度の第1回」、
次の[11]が「準1級」、
残りの[000011]が、その合格者の全国連番か。
札幌の会場番号「01A0101」から見て、全国で札幌から順に1番から振られるのでは?
で、自分の受検番号は「110095」だったが、これはおそらく(札幌での)準1級の95人目の受検者ってことだろう。
自分までの受検者95人の中で、合格者が11人ってことか。
過去の合格率から見ても妥当な想像だと思うが、全然違ってたりして。


●検定結果通知kanken_kekka.JPG
200点満点で合格点は 160点。
自分の得点は自己採点通りの 189点だった。
不正解の箇所も6/226/23のエントリの通り。

正直拍子抜けした感もあるが、採点者氏がきっちり仕事してくれたようだ。
しかしマイナス2点のピンチだった「跳梁」はセーフだった。
そこまでは気付かなかったらしい ^^

今後の勉強方法」には「《熟語の読み・一字訓読》の分野を中心に学習を」とある。
なるほど、レーダーチャートによるとその分野だけが合格者平均を下回っている。

設問分野毎に「全受検者の平均点」が載っている。
合計、つまり200点満点での平均は 117.6点
んー、まあ合格率も毎回低いしそんなもんかも知れないが、みんなもうちょっと勉強してから受検しようよ。
検定料もったいないってば ^^;
余計なお世話ですかすみませんすみません。

今回の合格率は載ってないな。


というわけで、
「検定1週間前に「成美堂」で何点取れれば本番で何点取れるか」
の検証計画最終結果は、自己採点時と変わらず

「検定1週間前に「成美堂」で194.56点取れれば本番で189点取れる」
「本番で160点取るには検定1週間前に「成美堂」で164.71点が必要」


となった。


●合格証明書kanken_shoumeisho.JPG
B5で2部。
中に、

「漢検」合格者には、次の能力が備わっていることを証明いたします。
・すべての学力の基礎となる漢字の読み書き能力
・文章の作成・読解に役立つ豊富な語彙力
目標に向かって果敢に挑戦する積極性


とある。
いやー、そんなとこまで“証明”してくれちゃうとは… ^^;

posted by 並句郎 at 21:35|   挑戦記各記事 | 更新情報をチェックする