2020年08月03日

無差別級漢字 今昔写真館 048 「出」

没注意。
konjaku048.JPG





札幌市。
撮影は昨年2月。
一昨年7月の出没情報を昨年2月までも掲出する必要があったのかどうか、そしてこの掲示が今もあるのかどうかは知らない。
それよりもこの場所。
広い公園の端ではあるが、写真右側のようにすぐ隣は丸っきりの住宅地。
親戚のマンションから徒歩1分!
怖い…
今年も先月あたりには、この地点ではないが熊の出没が何件か報じられていた。
自分は遭遇したことは無いが…


漢字ペディアによると「出」は漢検10級配当。部首は「凵」。
読みは、
 音読み=シュツ・スイ
 訓読み=で(る)・だ(す)・(表外)いだ(す)・い(づ)
[なりたち]は、
象形。足(★)が、囲いから外にでるさまにかたどり、「でる」「だす」意を表す。


上の(★)は、甲骨文字の「足」。
「出」は要するに上半分が足で、下半分が凵、とのこと。


部首は「凵」か。
何これ。
漢和辞典を見てみると、名称は「かんにょう」が一番人気で、次いで「うけばこ」。
「うけばこ」ってのは聞いたことあるな。
しかし「かんにょう」?
「繞(にょう)」なの?これ??
繞といえば「辶」とか「廴」とか、文字の左側から下にかけてのものかと思ってたが。
一応Wikipediaを見てみると、繞とはやはり「(漢字の)左から下にかけて置かれるもの」とあり、かんにょうについては「繞の形をしていないが、便宜上繞扱いされる。脚に見做される場合もある」とある。
んー、そうだね、「脚」でもなさそうだけどね。
かといって「繞」ってのも納得いかないな。
「構え」かな、とも思うが、ちと違うか。
少数派だが辞書によっては、かんにょうの他に「かんがまえ」とも書いているものもあるが…
角川漢和のみ「したばこ」ともあった。
まあ分かりやすさも加味して「うけばこ」がいいかね。

あ、漢字ペディアでは「うけばこ・かんがまえ」となっている。
漢検では部首名を答える問題は出ない、よね?
だったらまあ何でもいいか。

あ、で、「かんにょう」とか言った場合の「かん」ってのは「凵」の字の音から来てるようだが、その「凵」は例えば漢語林では「文字として実際に用いられた例はなく、部首としても特定の意味を持たない」とのこと。


「出」じゃなくて「凵」の話になってしまった。
辞書を見ても「出」にびっくりするような字義などは見当たらなかったのでね。
熊が出たらびっくりするけどね ^^;

posted by 並句郎 at 22:39|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする