2020年05月24日

無差別級漢字 今昔写真館 043 「惚」

れたっ。
konjaku043.JPG






札幌の、ススキノ十字街ビル。
撮影は2018年。
「ラフィラ」が17日に閉店した。
ビルは建て替えられるとのこと。
100均と本屋ぐらいしか利用したことは無かったが、見慣れたビルが無くなるとなれば寂しさもある。
すすきのの一等地だし、建て替え後もまたこういう広告が掲げられるような感じになるのだろうか。
向かいのニッカおじさんのような名物ができたら面白いね。


漢字ペディアによると「惚」は漢検準1級配当。部首は「忄」。
読みは、
 音読み=コツ
 訓読み=ほ(れる)・ぼ(ける)・ほう(ける)・とぼ(ける)
[なりたち]は、
会意形声。心と、忽(コツ)(ぼんやりする)から成る。


「惚ける」を読め、と言われたら答えに迷うね。
「ぼ(ける)」・「ほう(ける)」・「とぼ(ける)」、微妙に意味が違う気がするし、文脈から判断するしか…
漢検での出題実績はあるのだろうか。

「のろ(ける)」とも読めそうだが、「のろける」という言葉は漢字ペディアに載っていなかった。
ネット上の他の国語辞典を見ると「のろける」は「惚気る」と書かれるようなので、「惚ける」=「のろける」は無いのかな?


漢和辞典を見てみる。

漢字源の[解字]より。
コツとは(中略)ぼんやりすること。のち「たちまち」の意の副詞となったため、惚が忽の原義をあらわすようになった。

…とのことで、「惚」の原義は「ぼんやり」「うっとり」「ほのか」あたり。
「ほれる」というのは国訓とのこと。
漢語林では「ぼける」「とぼける」も国訓となっている。
その感じだと「ほうける」も国訓かね。

posted by 並句郎 at 20:57|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする