2020年03月30日

無差別級漢字 今昔写真館 039 「志」

吉岡 田町。
konjaku039.JPG




宮城交通の、よしおかしたまちバス停。
宮城県。
撮影は1991年。
残念ながら「志村町」ではない。
ドリフで一番若かったのに…
一番若くても70歳か。
自分もトシを取るわけだ。


漢字ペディアによると「志」は漢検6級配当。部首は「心」。
読みは、
 音読み=シ
 訓読み=こころざ(す)・こころざし・(表外)しる(す)
[なりたち]は、
形声。心と、音符止(シ)(士は変わった形)とから成る。きもち・かんがえの意を表す。


訓読み「しるす」は知らなかったかも。
上記漢字ペディアでは「しるす」意の熟語例として「地志」とある。
そうか、三国志とかもそうかな。
でも「志す」とあればどうしたって「こころざす」って読んじゃうよねぇ。
「書き志す」ならまあ「しるす」と読めるかな。


で、なりたち。
上部の「士」部分について。

あれ?
「止」なのか?
「之」だと記憶していたが…
漢和辞典を見てみる。
手持ちの漢和辞典(ここを参照)では全て「之」説。
(現代漢和では「㞢」としているが、この字は「之」の異体字(参考))
漢字ペディアの[なりたち]は角川新字源によるようだが、「止」でいいんですか角川さん?

しかし…(以下全て漢字典より)
「之」の項の[解字]にはこうある。
象形。もと、足跡の形で、「ゆく」意と、とまる意とを表したが、前者には一線を加えて、後者(止)と区別する。
その加えられた一線というのが、「㞢」の字の下線のようだ。

つまり、元々の足跡形そのままからできたのが「止」、
それに一線を加えてできたのが「㞢・之」。
「シ」という音が同じなのも道理、なのかな?

さらに部首としての「止」の解説の中にはこうある。
「寺・志」などの「土」や「士」は「止」の変化した形である。
え~~~、「志」の項では「之」って書いてるじゃないですかー ^^;
まあ「之」も元は「止」(の原形)に一線を加え(て変化し)たものだし、間違いではないのかな??


とにかく。
「志」の上部は多数決で「之」だが、「之」と「止」は親戚なので「止」でもあながち間違いではない、かも。


殿のおかげで勉強になりました。
ご冥福をお祈りします。

posted by 並句郎 at 22:21|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

無差別級漢字 今昔写真館 038 「岩」

瀬浜駅。
konjaku038.jpg


当時、国鉄富山港線の、いわせはま駅。
富山県。
撮影は1986年。
先般、JR富山駅の南北に分かれていた富山地鉄の線路が繋がったそうだ。
その北端の終点がこの岩瀬浜駅。
元々私鉄線だったとは聞いていたが、それが富山地鉄だったってのは知らなかった。
詳しくはWikipediaなどを。
色々と珍しいケースだよね。

LRT化されたということで、現在は駅舎というほどのものは無いようだ。
それなら写真の駅舎を待合室として残しておけば…
昭和21年築とあっては無理か。


漢字ペディアによると「岩」は漢検9級配当。部首は「山」。
読みは、
 音読み=ガン
 訓読み=いわ
[なりたち]は、
会意。山と、石(いし)とから成る。山にある大きな石の意を表す。もと、巖(ガム)の俗字。

まあ分かりやすい会意文字だね。
読みも単純だ。
表外読みも無し。
意味としてもほぼ「いわ」の意しか無い。
んー、シンプル ^^

漢和辞典を見ても格別広がりは無い。
が、漢語林の「岩」の項では、「字義と熟語は巌をも見よ」とある。
その「巌(巖)」の項では「岩」は俗字とされている。
「巌(巖)」は形声文字で、「厳(嚴)」が音符。
なので「岩」の「ガン」という音は「厳(嚴)」から来ているのだろう。

posted by 並句郎 at 20:44|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

第2回 諸橋轍次記念 漢字文化理解力検定

一昨年の9月に第1回が行われた諸橋轍次記念 漢字文化理解力検定。
その第2回が昨年12月に行われたようだ。
諸橋轍次記念館のサイトより。

当初、第2回は昨年10月に実施予定だったところが台風の影響で取りやめになった、というところまではサイトで見ていたが、中止じゃなくて延期で実施できたんだね。
よかった。

で、問題と解答が載っているので今更ながらやってみた。
結果、66/100点。

言い訳させてもらうと…
読み問題で、カタカナで解答せよ、とあるところを全てひらがなで答えてしまった。
都合10点分。
皆さん気をつけましょうね ^^;

で、66点だと「一級」に認定される。
ちゃんとカタカナで解答して76点だったら「初段」だったんだけどね…
ちなみに前回は初段だった。

読み書き問題は簡単だったが、前回や“出題例題”と同じく、中国古典などの知識問題が壊滅的。
漢検=漢字能力検定と違ってこちらは「漢字文化理解力検定」。
漢字文化と言うからには古典の知識も問われて当然だよね。
まあ自分にはこの検定で高得点は望めないな。
それより何より、まずはケアレスミスをしないことだ ^^;

posted by 並句郎 at 20:24| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

無差別級漢字 今昔写真館 037 「均」

100
konjaku037.JPG





ダイソー札幌中央店。
撮影は今月。
入居しているビルの解体により、明日22日をもって閉店になる。
この店にはお世話になった。
一応、近くに移転するらしいが、この店が無くなるのは寂しい。
場所柄、中国人が多かったのはアレだったが…

跡地については“香港の外資系ファンド”が土地を取得し複合ビルを建設とのこと。
リアルエコノミー様魚拓))
中国人の中国人による中国人のためのビルになったりするのだろうか。



漢字ペディアによると「均」は漢検6級配当。部首は「土」。
読みは、
 音読み=キン
 訓読み=(表外)ひと(しい)・なら(す)・ととの(える)
[なりたち]は、
会意形声。土と、匀(クヰン)(ならす、ひとしい)とから成り、土地をならす意を表す。「匀」の後にできた字。転じて「ひとしい」意に用いる。


「「匀」の後にできた字」って、そりゃそうだろうと思うが…
わざわざ書く意味が何かあるのかな?

ちなみに「匀」は漢字ペディアでは検索できないな。
1級配当でもないようだ。
「匀」を漢和辞典で見てみると会意説と象形説があるが、会意説の場合、中身の「ン」のような部分は元は「二」とのこと。
なので、「均」の場合も中身は「二」と書く…と漢検ではバツになったりするかもね。
常用漢字だしね。

posted by 並句郎 at 20:18|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

楽観視

新型コロナ騒動の今後について楽観視する、かどうかはともかく。
「楽観視」って言葉は今までもよく目にしていた。
で、今般またたくさん見かけるので、まさかと思いつつ辞書を見てみると…

例えばデジタル大辞泉
[名](スル)物事の先行きがよいほうに向かうとみなすこと。心配しなくてよいと考えること。「市場縮小はもはや楽観視できない」

辞書にも載っちゃってるんだね。
「楽観視」なんて絶対重複表現だろうに。

例えば上記大辞泉の語義解説文や例文。
それは「視」を除いた「楽観」でも同じことだろう。
それに限らず、世で「楽観視」と言われている部分は大抵「楽観」で事足りるだろう。
ちなみに同じデジタル大辞泉の「楽観」を見ても、解説文は「楽観視」と微妙~~に違うものの誤差の範囲じゃないのこれ?


思うに、「楽観視」という言葉に違和感が無い人ってのは、「観」に「みる」という字義や読みがあることを知らないんじゃないかと思う。
「楽観視」なんて言ってる以上、「視」に「みる」という読み、少なくとも字義があることは承知しているはずだ。
そこに「観」を重ねても何とも思わないってことは、やっぱりそういうことでしょ。


まあそれで話が通じないわけでも誤解が生じるわけでもないし、そういう意味では別にいいっちゃいいんだけどね。
よくある、言葉の変化ってやつの一種なんだろう。
でも例えば「ら」抜き言葉のように省略・簡略化されるのではなく、逆に余分な字を加える方向にも変化していくとは、不思議なもんだなと思った。
あるいはそうしてわざと複雑化することで、話を何か高度化したいとか威厳を持たせたいとか、そんな心理だろうか。
それとも一文字いくらで稼ぐようなどこかのライターの仕業だろうか ^^


ググってみた。

毎日ことば~「楽観視」の「視」は必要?
東海テレビ~空言舌語~楽観視

自分としては後者の東海テレビさんに全面的に賛同するが、8年前の記事でもあり…
現状・今後については“悲観視”せざるを得ないかねぇ。

posted by 並句郎 at 02:08| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

漢検 2019年度第2回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 13.4%。
1級は 10.4%。


グラフ2019_1.GIF

1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)



ところで。
前回から年度表記が「平成xx年度」ではなく「2019年度」となっている。
で、漢検サイトの中の「標準解答」っていうページに「標準解答へのリンク」ってのがあって、これは多分団体受検用問題の解答だと思うが、とにかくそれを見ても「2019年度」となっているので、自作答案用紙も「20xx年度」表記のものを作った。

○漢検答案用紙(20xx年度版)
 ●準1級 【PDF版】 【エクセル版】
 ●1級 【PDF版】 【エクセル版】
 ●2級 【PDF版】 【エクセル版】

年度表記を変えただけですが、ご利用ください。

posted by 並句郎 at 01:29| 漢検 | 更新情報をチェックする