2019年04月30日

無差別級漢字 今昔写真館 025 「平」

戸口駅。
konjaku025.jpg


国鉄ひらどぐち駅。
長崎県。
撮影は1983年。
現在は松浦鉄道の、たびら平戸口駅。
撮影当時は正真正銘、現在でもある意味、日本最西端の駅。


漢字ペディアによると「平」は漢検8級配当。
部首は「干」。
読みは、
 音読み=ヘイ・ビョウ (表外)ヒョウ
 訓読み=たい(ら)・ひら


今、気がついたが、漢字ペディアに字の「なりたち」が載るようになったんだね。
出典は角川新字源 改訂新版とのこと。
それによると「平」の「なりたち」は…
象形。水草が水面にひらたくうかんでいる形にかたどる。「苹(ヘイ)」の原字。借りて「ひらたい」、たいらにするの意に用いる。
…とのこと。

手持ちの辞書でも似たような記述が多いが、一方で、例えば漢辞海では、
[会意]語気が平らに伸びるさま。「190430.GIF(=気が伸びる)」「八」から構成される。「八」は分かれる意。
…なんてことも書いてある。


さて、写真の駅舎。
ググってみると現役なんだね。
いつの建築かは知らないが、昭和の撮影当時でもかなり年季が入ってるように見える。
そこからさらに平成をまるまる生き抜いたわけだ。
ごくろうさま。
自分もごくろうさま ^^;
令和さん、お手やわらかに。

posted by 並句郎 at 17:23|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

漢熟検の過去問 2018年度第3回

漢熟検過去問
前々回前回に続いて、2018年度第3回の2級の問題をやってみた。

結果、100点満点で、93点。
 (合格基準は80%程度の正解)

まあこんなもんか。

いや、それより、1級は「未実施」って、なんでよ?
前々回・前回が異様に簡単だったり、合格率が不自然に低かったり、変だ変だとは思っていたが。
未実施ってことは、やっぱり受検者が集まらなかったのかね?
漢字好き・検定好きな人は多いと思うんだけど…
しかし検定会場を見ると、例えば北海道では札幌の苗穂・手稲・西岡、それと岩見沢、か。
んー、も少し、なんとか、この、ねぇ。
他の県を見ても、ちょっとどうなのかなぁと思うところが多い。
会場だけの問題ではないかも知れないけどね。

検定実施要領のページを見ると今年(2019年)度も、全3回のうち第2回・第3回では1級は未実施。
そうですかー。
そりゃ残念。
で、その第2回・第3回では2級と10級のみ従来どおりで、準2級~9級はCBTで実施予定、と。
まあそれはどうでもいいけど。


ところで「未実施」っていう言い方。
「未だ実施せず」ってさ、じゃあそのうち実施するのかって思っちゃうけど。
それに今年度の検定については現時点では未来の話で、それを「未実施」とは言わないでしょー。
「不実施」とか「中止」とかの方が…
あ、部外者があれこれうだうだとすみませんね ^^;



■合格率(%)推移■
        1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4
2017年度 第2回 50.2 51.7
2017年度 第3回 20.0 61.5
2018年度 第1回 18.7 41.6
2018年度 第2回 42.8 54.5
2018年度 第3回 ---- 50.1


posted by 並句郎 at 23:29| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

漢熟検の過去問 2018年度第2回

漢熟検過去問
前回の2018年度第1回に続いて、第2回の2級と1級の問題をやってみた。

結果、いずれも100点満点で、
 2級 94点
 1級 85点!
  (合格基準は80%程度の正解)

2級は…
こんなもんか。

1級は…
点数では前回ほどではないにしても、1級にしては簡単だった。
易化傾向は変わらず?



1級恒例の専門用語問題は、「武蔵」のような旧国名の書き問題。
何年か前にも出たな。
ネタが尽きてきたか?
個人的には好きな分野なので10問全問正解できた。



今回の合格率は、
 1級…42.8%
 2級…54.5%

1級、まあそんなもん、かな?
前回が異様に低かった。
今回ももっと高くてもいいような気がするが…
んー、やっぱり何か変だ。


■合格率(%)推移■
         1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4
2017年度 第2回 50.2 51.7
2017年度 第3回 20.0 61.5
2018年度 第1回 18.7 41.6
2018年度 第2回 42.8 54.5

posted by 並句郎 at 20:04| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

漢熟検の過去問 2018年度第1回

漢熟検過去問
2018年度分(全3回)に差し替えられた。

で、まずその第1回の2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 90点
 1級 88点!
  (合格基準は80%程度の正解)

2級は…
低いな。

1級は…
1級にしては異様に簡単だったぞ?
何か方針転換でもしたのだろうか。


1級恒例の専門用語問題は虫の名称の書き問題。
そんなもん、難しくしようと思えばいくらでも難問は作れるはずだが、10問中9問正解できた、というか、できてしまった。
んー…



今回の合格率は、
 1級…18.7%
 2級…41.6%

いやいやいや、今回の1級の問題でそんなに低いわけがない。
よほど受検者が集まらなくて急遽無理やり関係者の子の小学生に受検させたとか?
それとも合格基準点が90点台に上げられたとか?
んー、何か変だ。


■合格率(%)推移■
         1級  2級
2015年度 第1回 21.4 61.9
2015年度 第2回 12.5 36.8
2015年度 第3回 16.6 43.7
2016年度 第1回 42.8 35.0
2016年度 第2回 50.0 31.2
2016年度 第3回 42.8 33.3
2017年度 第1回 66.7 33.4
2017年度 第2回 50.2 51.7
2017年度 第3回 20.0 61.5
2018年度 第1回 18.7 41.6

posted by 並句郎 at 23:44| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

無差別級漢字 今昔写真館 024 「行」

川アイランド駅。
konjaku024.JPG


なめがわアイランド駅。
千葉県。
撮影は1981年。
賑わってるねー。
夏場の行楽地とはいえ、服装もなんだか… ^^;
それも昔の話。
今は廃墟として有名(なのか?)な行川アイランドの玄関口だった駅。
行川アイランド閉園後も駅名がそのままなのは…
今やどうでもいいような泡沫駅、改称する価値さえ無いということなのか。

ところが。
園の跡地に「勝浦シーサイドパークリゾート」ってのができるらしい。
それはめでたい。
今度こそ駅名も変えてもらえるだろう。
となると、改称前に行っておこうという鉄ヲタも増えるだろう ^^


漢字ペディアによると「行」は漢検9級配当。部首は「行」。
読みは、
 音読み=コウ・ギョウ・アン
 訓読み=い(く)・ゆ(く)・おこな(う) (表外)や(る)・みち

部首は「彳」じゃないんだね。
「行」が独立部首だって知らなかった。


漢和辞典を見てみる。

辞書によっては部首「彳」と一緒くたにされてたりする。

字の成り立ちとしては、言わずと知れた十字路の象形… かと思いきや、「彳」と「亍」との会意文字とした辞書もある。
例えば新選緩和では、「彳は歩くこと。亍は、その反対の形で、止まること。進んだり止まったりすることが「行」である。」とのこと。

表外読みの「や(る)」ってのは、「おこなう」のくだけた言い方かと思ったが、そうではないようだ。
「行かせる」「進める」「動かす」などの意で、例えば「行軍」は軍隊を進めること。


ところで。
どの辞書にも「なめ」なんて読みは載ってない。
「行」を「なめ」と読むのはなぜ?
ググってみると、Yahoo!知恵袋にこんな記述が。
真偽のほどは定かではないが、なるほど漢和辞典にも「ならび」などの字義が載ってるな。

posted by 並句郎 at 23:49|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

地図サイトの更新は…?

この7日、宮城県の気仙沼大島と本州本土を結ぶ気仙沼大島大橋が開通した。
島と本土のどのあたりに架かったのだろうと思って地図サイトめぐり。
まだ掲載していないところが多い中、さすがと言うべきか、国土地理院のサイトではしっかり対応済み。
そういえば先月いっぱいでJR北海道の夕張支線が廃止になったが、あれはまだ地図に残ってるのかなぁ?
あぁ、先月3日には京急大師線の一部が地下化されたけど、あれはどうかなぁ?

…ってことで。
興味本位で、その3件が各地図サイトで現状どうなってるかを確認してみた。
個人のこととて、同時刻に全ての確認はできない。
今日の19:30~20:00の間に確認ってことでご了承を。


○=対応済み
×=未対応

京急 夕張 気仙沼
×  ○  ○  地理院地図
?  ○  ○  Googleマップ
×  ×  ×  Yahoo!地図
○  ×  ×  goo地図
×  ×  ×  Bing地図
×  ×  ×  Mapion
○  ○  ×  MapFan
○  ×  ×  いつもNAVI
×  ×  ×  NAVITIME
○  ○  ○  OpenStreetMap
 (順不同)


Googleマップの大師線が「?」なのは、Googleマップでは鉄道が地上か地下かで表現を区別してないっぽいので、対応済みなのかどうか分からないため。

それと、気仙沼大橋について、例えばYahoo!地図などでは橋のような何かしらの表現は載っているのだが、通行できる道路としては表現されていなかったりする。
また、夕張支線についてMapionでは、路線や駅建物の表現は残っているが、駅名の表記は消されているとか、サイトそれぞれで色々とやり方があるんだろうね。


まあ多少の対応の遅れはあれど詳細な地図が無料で見られるんだからいい時代だ。
なので今回未対応だからといって文句を言うつもりではないですよありがとうございます各サイト関係者の皆様 ^^

posted by 並句郎 at 20:30| 雑事 | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

第1回 諸橋轍次記念 漢字文化理解力検定

今さらもいいところだが… ^^;

昨年9月30日に実施された、第1回 諸橋轍次記念 漢字文化理解力検定
その問題(と解答・解説)が載っていたのでやってみた。

結果、72/100点。
漢検の200点満点換算だと144点で、2級以上なら不合格になるところだが、この“諸橋検定”には不合格というものが無く、この点数だと“初段”に認定される。
受検者数は65人だったようで、その中では8番目ぐらいになりそう。
上出来なんだろうかね?
受検者がどんな方々なんだか皆目わからないし、何とも言えないかな。

感想としては、例題を解いてみた時と大体同じような。
やっぱり中国史・中国古典のところが自分には鬼門。
記述問題は無かった。
それより何より、PDFのページがバラバラで解きにくいったらありゃしない。
もちろん実際の検定時にはちゃんとページ順になってたのだろうけれども。


さて。
第2回の実施はあるのかどうか。
もしあるのなら受検はしませんけどまた問題と解答をアップしてくれると嬉しいですよろしくお願いします三条市さま ^^

posted by 並句郎 at 21:22| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする