2017年10月12日

無差別級漢字 今昔写真館 002 「臺」

釣魚
konjaku002.JPG


春秋航空日本の機内誌。(物販カタログだったかも)
撮影は今年6月、新千歳→成田便。
「臺」の字が潰れてるかな?

」です。

春秋航空日本は、中国の春秋航空の子会社。
その機内誌に「釣魚臺」を載せるとはなんと挑発的な!
…と思ったが、ググってみると「釣魚臺」は北京にある国賓館の名称でもあり、その場合は
中国語で尖閣諸島を意味する「釣魚島」もしくは「釣魚台列嶼」と直接の関係はない
…とのこと。
このタバコの名称はどっちから来てるのかね。
極めてかすかな記憶では、このタバコはかなり昔からあるような。
中国が尖閣にイチャモンつけ始めたのは、それよりは後のような気が。
だとしたら国賓館の方かな。
だとしても「釣魚臺」を日本で売るのはちょっとどーなのか。

あ、「臺」はもちろん「台」の旧字。
日頃見かける字ではないはずなのに、なぜかなじみがある。
考えてみたら、実家の近所に仙臺屋という店があったからかと。


漢字ペディアによると「臺(台)」の読みは、
 音読み=ダイ・タイ
 訓読み(常用外)=うてな・しもべ

「しもべ」ってのは知らなかったな。
漢字ペディアの[意味]の(6)に「めしつかい。しもべ。」とあるが、熟語にはそれらしい意味の語は見当たらない。


漢和辞典を見てみる。
…と、どうも「臺」と「台」は本来は別の字らしい。
前回の「禮」のつくりの「豊」と似たケース。
つまり、元々の「台」と、「臺」の略字の「台」とがあって、それが同じ形になってしまった、と。
両者、音は似ているから、意図的(仮借的?)なものだろうかね。


で、よく使われる意味での「台」、高台とか土台とか、その場合は「臺」。
一方の元々の「台」の字義は「よろこぶ」とか「われ」とか星の名だとかで、少なくとも現代日本では「台」の字で表すことは無さそう。
かと思えば「台風」の「台」は本来は「」で、これはまた別物らしい。


で、今回の「臺」。
辞書によって違うが、例えば漢字源では会意文字で、
「土+高の略体+至」で、土を高く積んで人の来るのを見る見晴らし台をあらわす。
…とのこと。
吉凶の「吉」とは無関係らしい。
なーんだ。

posted by 並句郎 at 22:13|   写真館各記事 | 更新情報をチェックする