2017年06月28日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘300 「幌」

平橋。
kaiko300_1.JPGkaiko300_2.JPG


ほろひらばし。
札幌市。
撮影は1997年。
kaiko300_3.JPG
「幌」は札幌の幌。
「平」は豊平の平。
昭和2年の初代架橋当時、札幌と、対岸の豊平町(現在は札幌市豊平区など)を結んでいたことからの命名。
アーチ部分は階段になっており、冬季以外は登ることができる。


漢字ペディアによると「幌」の読みは、
 音読み=コウ
 訓読み=ほろ


音読みの「コウ」は一般にはあまり馴染みが無い気がするが、札幌では「幌南(コウナン)」とか「幌東(コウトウ)」とかの形で病院やら学校やらの名称に使われているので違和感は無い。

漢和辞典を見ると、一人前の熟語扱いにはされていないが、「幌」の解説文中に「幌子(コウシ)」という語が出てくる。
意味は、例えば漢字典によると「居酒屋などの看板の旗」とのこと。
居酒屋の旗?
見たこと無いなーと思って画像をググってみると
中国のもののようだ。


=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

さてこの「漢検準1級配当漢字 懷古寫眞舘」。
今回の300回を節目に、更新を終了します。
準1級配当漢字は、開館当初で1,013字、現在はおそらく850字。(参照)
なのでまだまだネタにしてない漢字はありますが、使える写真がもう無くなってきました。
「風が吹けば桶屋が儲かる」式にこじつけていけば、どんな字でも写真でも使えなくはないけれども…

そのうち今度は「無差別級漢字 今昔写真館」とでもして、配当級にも写真の新旧にもこだわらない形で始めようかと考えています。

posted by 並句郎 at 23:11|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

「エンデュアランス号漂流記」

170625.JPG中公文庫BIBLIO
アーネスト・シャクルトン 著、木村義昌/谷口善也 訳
エンデュアランス号漂流記
(2003年6月15日 初版印刷、2003年6月25日 初版発行)


“漂流もの”は沢山読んできたが、南極・南氷洋でのそれは初めて。
ちょっと前に、手持ちの「八甲田山死の彷徨」を読んでいたので、寒い話が続くなーというのがお気楽一般市民の感想 ^^;


100年前、イギリスの南極探検隊の遭難・漂流の話。
その隊長の著であるからして、不名誉な部分なんかは端折られてるんじゃないかと勘繰ってしまうが、だとしても素晴らしいリーダーシップだ。

南極大陸上陸寸前に船が氷に捉われ閉ざされ氷ごと漂流、やがて船は壊れ沈没するも隊員は氷に乗り移ってさらに漂流、小さなボートで島に上陸、そのボートで別の島への航海、そして着いた島での山越え…
氷のせいで遭難し船も失うが、その氷のおかげで助かる、という、えーとそういう四字熟語は何かあったっけ?
んで、結局、漂流が始まってから1年半かかるも全員が生還。
この手の話で全員生還ってのがすごいんじゃないかね?
幸運もあったのだと思うが、リーダー次第でこうも違うか、と、「八甲田山…」と比べて思わざるを得ない。
もちろん比べられるものでもないけれども。


ただ、原著のせいか翻訳のせいか、全体になんとなく日本語としてこなれてない感じがした。
原著者が作家ではないし仕方ないか。
その点はさすがに新田次郎著の「八甲田山…」の方が…

まあしかしそんな些細なことはどうでもよくなるような、寒々しいけど大変面白い物語。
実話だしね。

ちなみに船名の「エンデュアランス」って何かなと思ったら、「endurance」で、忍耐とか耐久力とか、そんな意味だった。
船は耐え切れずに沈んじゃったけど、乗組員にはふさわしい名だ。

posted by 並句郎 at 18:57|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

液晶ディスプレイが壊れた!

記念撮影。

b.JPG  s.JPG


posted by 並句郎 at 15:47| 雑事 | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘299 「鞠」

内駅。
kaiko299.jpg


しゅまりない駅。
北海道。
撮影は1991年。
「朱鞠内」はもちろんアイヌ語への当て字だろうが、いい字を当ててもらったね。
「シュマリナイ」の由来をWikipediaの「朱鞠内駅」で見ると、
アイヌ語の「シュマリ・ナイ」(狐の川)、或いは「シュマ・リ・ナイ」(石が高い川)など、由来には諸説ある。
…とのこと。



漢字ペディアによると「鞠」の読みは、
 音読み=キク
 訓読み=まり・やしな(う)・かが(む)・とりしら(べる)

「やしな(う)」・「かが(む)」なんてのは記憶の片隅にも無いな。


漢和辞典を見てみる。

形声文字としている辞書が多いが、漢字源では会意兼形声とされ、音符「匊」の意味付けとして、
「米+勹(つつむ)」からなる会意文字で、米つぶをつつんでぐっとまるめることを示す
…とのこと。

漢字源では字義解説でも…
「やしなう」については「からだをかがめて、保育する
「かがむ」については「からだをまるくかがめる
などとあるし、各字義で「つつむ」「まるめる」といったあたりの概念を共有しているのだろうか。


」や「」が俗字とか異体字などとされている。
「毱」は漢字ペディアに無いが、「毬」は1級配当で漢和辞典にもしっかり載っている。
それを“俗字”なんて言っちゃっていいのかね??

ともかく、革製のまりなら「鞠」、毛製なら「毬(または毱)」でいいかな。
…って、以前にも書いた気がする。

posted by 並句郎 at 20:24|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

「漢字のおさらい」

170611.JPG自由国民社 おとなの楽習24
吉田誠夫 著
漢字のおさらい
(2012年2月9日 第1刷発行)


「はじめに」より。
「漢字のおさらい」とは…
漢字のもつ社会的・文化的な機能がどのように生まれたのか、その歴史や意味をもういちど確認する
とのこと。


目次。

・中国編
1 文字の起源
2 甲骨文と金文
3 書体の変遷
4 字典の編纂
5 六書
6 部首
7 則天文字
8 簡体字
9 増え続ける漢字

・日本編
1 日本人と漢字の出会い
2 万葉びとの漢字遊び
3 国字と国訓
4 常用漢字の改定
5 人名漢字
6 義務教育で習う漢字

・難読語編
1 難読語とは何か
2 難読漢字クイズ



特に日本編では万葉から一足飛びに常用漢字の話になったりして、丹念に歴史を追ったような内容ではない。
薄めの本だし、ですます調で、まさに“楽習”って感じで気楽に読める。

日本での漢字の歴史については類書を何冊か読んでいたので、個人的には中国編が面白かった。

まあ、例えば漢検でやっている漢字教育サポーター育成講座(≒漢字教育士講座(?))とやらに比べればその100分の1にも満たない内容だとは思うが、自分のようにサポーターとか漢字教育士を目指す気力も知力も財力も無い方にはいいかも ^^

posted by 並句郎 at 18:49|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする