2017年05月15日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘297 「爺」

駅。
kaiko297.JPG


とうや駅。
北海道。
撮影は1990年。
子供の頃、「洞爺」は「と゛うや」だとばかり思っていた。
ちなみに釧路の近くには「遠矢」駅もある。
そちらは「とおや」駅。
ローマ字では同じ綴りになるだろうか。
ちょっとググると、どちらも由来はアイヌ語の「ト(トー)=湖」+「ヤ=岸」で、湖岸のこと。
アイヌ語での正確な発音は知らないが、「トーヤ」に漢字を当てるなら「遠矢」の方がよほど自然だろう。
「洞爺」はなぜその字なのかね。
洞穴に暮らす爺さんでもいたのだろうか。


閑話休題。

漢字ペディアによると「爺」の読みは、
 音読み=ヤ
 訓読み=おやじ・じじ


漢和辞典を見てみる。

音符「耶」の意味付けを書いているものは無かった。

「耶」の部分が「邪」になっている字、「𤕓」が、「爺」の古字(漢字典)・異体字(漢辞海・漢字源)・同字(漢語林)などとして載っている。
古字がその「𤕓」だったとして、父親を指すのにさすがに「邪」じゃまずいだろうと「耶」にした、のかどうかは知らない。


っていうか、「爺」の第一義は父親なんだね。
なんとなく、祖父とか、親戚ではなくても一般的に(?)じいさんのことかと思ってたし、「親爺(おやじ)」と書いた時でも自分の父親ではなく近所のラーメン屋のおやじ、みたいなイメージだったが。
一部の辞書では、そういう “年寄りの男” 的な字義は日本語用法だとしている。

posted by 並句郎 at 20:30|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする