2017年04月23日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘296 「摺」

岬。
kaiko296.JPG





高知県。
撮影は1985年。
「足摺」という地名の由来については諸説あるようだ。

ちなみに「あしずり」で国語辞書を引くと、「じだんだを踏むこと」とのこと。
「あしずる」という動詞の形では見つからなかった。

漢和辞典を見ても「足摺」なんて熟語はほぼ無い。
わずかに新選漢和には載っていたが、「あしずり」と読み「じだんだをふむ」という日本語用法があるのみ。
なので「ソクショウ」とか読む漢語の熟語は無いようだ。
漢語にもしあるとすれば「足摺」ではなく「摺足」かと思ったが、それも見当たらない。


漢字ペディアによると「摺」の読みは、
 音読み=ショウ・ロウ
 訓読み=す(る)・たた(む)・ひだ・くじ(く)

音では「シュウ」と読みたくなるが「ショウ」または「ロウ」。
訓読みも色々。
なかなか厄介な字だ。


あらためて漢和辞典を見てみる。

音符「習」の意味付けについて、例えば漢語林では、
鳥が羽を重ね合わせるの意味」で、
手へんと合わせて「おりたたむの意味を表す」とのこと。

なるほど、原義は「たたむ・おりたたむ」などのようで、「する」というのは日本語用法とのこと。
なので例えば熟語「摺本」の語義も、漢語としては「折り本」だが、日本語としては「印刷した本」となる。

その「する」という字義は「トウ の誤用」(漢語林)とのことで、「搨」の字には漢語としても「する」という字義があるようだ。
「搨」は漢検では1級配当。

posted by 並句郎 at 19:39|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

漢熟検の過去問 2016年度第3回

漢熟検のサイトに、2016年度第3回の検定問題(と解答)が載っていた。

で、2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 91点
 1級 80点!
  (合格基準は80%程度の正解)

2級はもう少し取りたかった。

1級は前回に引き続き簡単だった印象。


1級恒例の専門用語問題は、1月~12月の“異名”の書き問題。
最も一般的な、例えば、1月=睦月とか、12月=師走などは知ってるのだが、それ以外はさっぱり分からん。
10問中1問しか分からなかった。
にもかかわらず全体では80点と、合否のボーダーライン上。
ということは…
月の“異名”を知っているか否かで合否が決まるケースがかなりあろうかと思う。
それって、試験の質としてはちょっとどーなのか。
まあ、どんな試験にもそういう要素はあるとは思う。
例えば日本史の試験だったら、○○時代は出題されたが△△時代は出なかった、とか。
しかし漢字の試験ならばそうした偏りを避けることは容易なはずで、事実、漢検(R)ではこうした出題はされないだろう。
1級に合格したければあらゆる分野に精通しておけってことなのだろうか。

…などと、受検者でもないのに無知を棚に上げて噛み付いてもみっともないだけだが ^^;;;



今回の合格率は、
 1級…42.8%(前回=50.0%、前々回=42.8%、前々々回=16.6%、前々々々回=12.5%、前々々々々回=21.4%)
 2級…33.3%(前回=31.2%、前々回=35.0%、前々々回=43.7%、前々々々回=36.8%、前々々々々回=61.9%)
1級は前回が高すぎだったが、今回も高め。
40%台で落ち着くのだろうか。

posted by 並句郎 at 20:06| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

ブログデザイン変更

いや、変更したくて変更したわけじゃない。
なんか、Seesaaが勝手に変更してくれちゃったので、せめてちょっと見やすく読みやすくなるようにちょこちょこ手を加えている。
もちろんSeesaaからちゃんと通知はあったが、めんどくさかったし、まあ何もしなくてもうまいこと現状維持してくれるかと思ったら甘かった ^^;

元のデザインに戻すつもり(と言うか気力)は無い。
タイトルとか背景なんかは思いっきりシンプルにしたった。
自分の環境ではほぼこれでいいかな、と思ってるが、ご覧いただいてる皆様にはどう見えているのやら。
見づらかったらごめんなさいです。

posted by 並句郎 at 04:09| 雑事 | 更新情報をチェックする