2017年02月13日

漢検 平成28年度第2回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。


準1級の合格率は 15.5%。
前回は25.1%と異常に高かったが、元に戻ったかな。

1級も12.2%と、異常に低かった前回の5.2%からは正常化(?)した。

ほんと、前回は何だったんだろうかね。
そうそう、送られてきた漢検ジャーナルVol.20の、前回の1級合格者発表のところも、一目で人数が少ないのが分かった程だし。

グラフ28_2.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

posted by 並句郎 at 21:23| 漢検 | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘293 「噸」

27.1
kaiko293_1.JPG





枕崎駅。
鹿児島県。
撮影は1984年の大晦日。
kaiko293_2.JPG鹿児島交通の気動車、キハ102。
鹿児島交通の鉄道線はこの年3月に廃止。
なので撮影時はもう廃止後で、この車両も前後のレールが剥がされている。
kaiko293_3.JPGググると、その後解体されたようだ。

さて。
写真の「トン」の字は、準1級配当の「噸」ではなく、1級配当の「瓲」になってるが、そこは取り合えずスルー希望 ^^;

「瓲」以外の重量の単位、「瓩」(キログラム)とか「瓰」(デシグラム)とかも瓦を部首としていて、「噸」だけが異端に見えるが…

まず、漢字ペディア。
「噸」
トン。重量の単位。一〇〇〇(キログラム)。また、船舶の容量の単位。英語の音訳字。


「瓲」
トン。重量の単位。一〇〇〇(キログラム)。英語の音訳。


ふーん。
「噸」の方だけは船舶の容量の単位にも使われるってことかな?


次に大辞林
んー、特に使い分けは無いようだが。


三省堂ワードワイズ・ウェブより。
メートル法のトンとは異なる単位としてのトンには、それを表す「噸」が作られている

へー。
メートル法じゃない「トン」なんてのがあるんだ。
しかしなるほど、考えてみると準1級配当漢字でも「吋」(インチ)や「哩」(マイル)があるし、口へんはヤード・ポンド法の単位の漢字に使われるってことかな?


漢和辞典を見てみる。
いずれもメートル法とヤード・ポンド法両方の「トン」の字義を載せており、「瓲」との使い分けの記述は無い。
上記三省堂のページでは、この字は「中国製か日本製か、判断が難しい」とあるが、辞書では国字としたものが多く、熟語も皆無。
中国製だったとしても近代に作られたのだろう。


なのでまあ、噸でも瓲でも、あるいは「屯」でも、どれでもお好きなものをどうぞって感じだろうか。
実生活上は「t」でいいだろうし。
漢検の書き問題に出た場合にどう書くべきかは知らない。

posted by 並句郎 at 22:22|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする