2016年10月05日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘290 「庇」

並んだ
kaiko290.JPG






函館の赤レンガ倉庫の「ひさし」。
撮影は1989年。
倉庫群のどの地点だったか、まるで記憶が無い。
ので、左のアーチ上の24という番号をストリートビューで探してみると…
ここだろうか。
現在は庇は全滅しているようだ。
庇があった方がカッコいい気もするが。



漢字ペディアによると「庇」の読みは、
 音読み=ヒ
 訓読み=かば(う)・ひさし

部首内画数は4。
つまり「比」は4画



漢和辞典を見てみる。

形声(漢字源では会意兼形声)文字で、例えば漢語林では、
音符の比は、ならび親しむの意味。广 ゲン は、屋根の象形。並び親しむ屋根の意味から、かばうの意味を表す
とある。
同じく漢語林で「广」の項の解字解説中には「建築物を示す文字の要素文字となる」とあるし、やはり「庇」は建築関係の「ひさし」が原義…
かと思いきや、漢字典や漢辞海では「ひさし」は国訓だとか日本語用法だとか書いてある。
だとすると、原義は「ひさし」だったものの、漢語では「かばう」などに乗っ取られて「ひさし」の字義が失われた、ということだろうか?
まさに庇を貸して母屋を取られた状態??

posted by 並句郎 at 19:06|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

活字 その2

161003活字2.JPG以前「鯟」を買った店で、今度は「幌」を買ってきた。


なぜ「幌」なのか、といえば、札幌市民だから、というだけの、なんとも薄弱な理由 ^^;
だったら「札」でもいいわけだが、ざっくり見た範囲では「札」が見当たらなかったのと、「幌」の方が画数が多くてカッコいい!気がする!!
…という、ますます薄弱というか浅薄な理由 ^^;;;;;


この活字の字体、「巾」が「晃」の左下の払いの上に載っているのが特徴だろうか。
ちょっと探してみたが、PCに入っているフォント、漢和辞典、北海道新聞(の本文)など、身の周りにはそういう書体は無かった。
この活字がいつ作られどこで使われていたのかは皆目分からないが、昔の流行なのか、デザイナーの美意識なのか…

posted by 並句郎 at 16:15| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする