2016年02月29日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘281 「繫」

がれた船。
kaiko281.JPG



青森港に繫留されている、旧青函連絡船の八甲田丸。
撮影は1990年。
青函連絡船メモリアルシップ」として内部の見学などができるようになっている。
そのページでは「繫留」ではなく「係留」の表記。
常用(当用)漢字での書き換えってやつかね。


漢字ペディアによると「繫」の読みは、
 音読み=ケイ
 訓読み=つな(ぐ)・つな(がる)・とら(える)・か(かる)・きずな

ちなみに「」の読みは、
 音読み=ケイ
 訓読み=かか(る)・かかり
 表外読み=かか(わる)・つな(ぐ)

…なので、まあ書き換え字として適当と言えるだろうか。
「かかる」の場合に「繫かる」・「係る」と送り仮名が違うのがイヤらしいが。


漢和辞典を見てみる。

「繫→係」の書き換え熟語は他に「繫船」「繫争」「繫属」「連繫」など。

「繫」の字の成り立ちとしては形声で、上半分が音符。
その音符部分は「(ケキ・ゲキ など)」の俗字とのこと。
で、その「毄」は漢検1級配当でもなさそうなので字義などは端折るが、その左側部分、車と口の部分は、車軸とその「軸受けの止め金」(漢字源)とのこと。
なので「車」の下の「口」にも意味があるわけ。

と言うわけで。
漢検でも許容されているからとは言え、「」の「車」の下の「山」みたいな部分を省略して「」とは個人的には書きたくない。

とは言うものの。
」は今さら「」と書きたくはないなぁ。
なんと節操の無い… ^^;
posted by 並句郎 at 21:43|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

漢熟検の過去問 2015年度第2回

漢熟検のサイトに、2015年度第2回の検定問題(と解答)が載っていた。

で、2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 88点
 1級 44点
  (合格基準は80%程度の正解)

2級・1級とも、過去最低。
うーん…

今回の合格率は、
 1級…12.5%(前回=21.4%)
 2級…36.8%(前回=61.9%)

前々回以前の合格率が分からないが、少なくとも前回よりはかなり難化したようだ。
まあ、自身の劣化もあるのかもしれないが…


1級恒例の専門的な問題、今回は「衣服に関する言葉」の書き取り。

 かたびら
 おむつ
 メリヤス
 かすり
 ビロード
 どてら
 けぎ
 もみ
 こうけち
 きんらんどんす

比較的(あくまで比較的)身近な衣服に関する言葉だったからか、ちょうど半分の5問正解できた。
漢検1級の勉強をしてる人なら簡単なのかも。

posted by 並句郎 at 23:30| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

漢検準1級 平成27年度第2回

問題用紙画像をUPしているブログを見つけた。
ありがたく拝見して解いてみた。
そのブログや2chその他を参考にしながら自己採点。

結果、181/200点。

難しかった。
合格率予想を14.8%としていたが、10%を切るんじゃないかと思う。



(今回間違った問題)→○正答 ×誤答 …感想


●音読み

(盤桓)として直ちに返答もしない。→○ばんかん ×ばんこう

以前にも間違えた問題だという記憶はあったのだが、
 肝心の正解をちゃんと記憶してなかった。


頻りに(世諺)を引用する。→○せいげん ×せげん

…これも以前間違えた問題。
 いかんねー。


(英絢)の体にして超然として類なし。→○えいけん ×えいじゅん

…「絢」の読みも以前迷ったことがあった。

 この読みの3問はちゃんと復習しておけば正解できたはず。
 こんなにポロポロ過去問を落としてるようじゃダメだね。


●表外の読み

少時から和漢の(籍)に親しんだ。→○ふみ ×よみもの

…苦し紛れの「よみもの」で不正解。
 漢字ペディアで検索しても「よみもの」なんて読みを持つ漢字は無い。


敬みて神々に(白)す。→○もう ×さら

…「もうす」か。
 告白とか独白とかの「白」だろうかね。


●一字訓読み

(欽)む→○つつし ×うらや

…組になる熟語が「欽羨」だったので、その「羨」に引っぱられてしまった。


(拐)る→○かた ×と

…「かどわかす」じゃ送り仮名と合わないしなあ、と思いつつ。
 これも組になる熟語「拐帯」に影響されたか。

 漢字ペディアによると「拐帯」の意味は、
 「預かった金銭・物品などを持ち逃げすること。
 この場合の「かたる」ってのはどう解釈すればいいのだろうか。
 辞書を見ても漢字ペディアと同様の記述ばかりの中、
 漢辞海の「拐帯」の語義解説のひとつに「他人の財産をだまし取る。」とあった。
 まあそこまではっきり書いてなくても、「持ち逃げ」という中に
 「かたる・だます」というニュアンスがあるのだろうね。


●共通漢字

┌ 寵を失い秋(?)の如く顧みられない。
└ (?)情的な表現を削除する。
→○扇 ×蟬

…「扇」かもしれないとは思ったのだが、「夏炉冬扇」を思い出して
 扇なら秋ではなく冬だろうと考えてしまった。
 で、これも四字熟語「春蛙秋蟬」から「蟬」と答えて不正解。
 「蟬情的」って何? と聞かれても困るのだが ^^;


┌ 政財界の(?)老たちが集う。
└ 終に(?)怨を晴らした。
→○宿 ×積

…「(?)老」が分からず、「(?)怨」の方だけで適当に答えて不正解。
 漢字ペディアによるとこの場合の「宿老」とは
 「豊かな経験を積んだ老巧な人。その道にすぐれた老人。
 とのこと。


●書き取り

有名な寺社から神仏を(カンジョウ)する。→○勧請 ×勘定

…「勧請」という字面は見覚えがあるが、意味を分かってなかった。
 漢字ペディアによるとこの場合の「勧請」とは
 「神仏の分霊を神社や寺に移し、迎えまつること。
 とのこと。


●誤字訂正

俊才として将来を嘱望されていた友とその時既に幽冥境を異にしていた。
→○冥→明 ×嘱→(降参)

…× 幽冥
 ○ 幽明 …か。
 以前にもどこかで間違えたことがあった気がする。
 「幽」も「冥」も「くらい」だから、「幽冥境を…」じゃおかしな話だ。


●類義語

帝都≒(けいし)→○京師 ×京市

…「京市」なんて見たこと無かったのだが…
 「師」の表外読みに「みやこ」がある。
 全然知らんかった。

 「師」について漢和辞典を見てみる。
 「みやこ」の読みを載せているものは無かったが、
 字義として載せているものはいくつかあった。
 字の成り立ちは諸説あるが、直接「みやこ」には結びつかない。
 例えば漢字典で、熟語「京師」の解説中に「京は大、師は衆」とあるなど、
 「師」は「みやこ」と言うより「大衆」の意味合いのようだ。


●文章題 書き

(メンセキ)した上、女の口から事実を白状させてあやまらせねば…→○面責 ×免責

…文脈から「免責」でいいのかどうか迷った。
 が、他に思い当たらなかった。
 漢字ペディアによると「面責」とは
 「面と向かって相手をとがめること。
 とのこと。

posted by 並句郎 at 22:30| 漢字 | 更新情報をチェックする