2015年09月29日

伊夜日子神社

弥彦神社.JPG札幌の中島公園にある、いやひこ神社。

「いやひこ」の漢字表記は、
「伊夜日子」でもあり、
「彌彦(弥彦)」でもある、らしい。

公式サイトの「御祭神」のページより。

元来 「 弥彦 」 であるが、上記の通り万葉集では 「 いやひこ 」 と詠まれており、実際に万葉仮名では 「 伊夜日子 」 と記すため、「 やひこさん 」 とも 「 いやひこさん 」 とも云われ、古くから親しまれてきた。当社でも両方の社名を使用しているのはそのためである。

…とのこと。
漢字だけでなく読みも「やひこ」・「いやひこ」どちらもアリなのだろうか。
サイトアドレスは「www.iyahiko.or.jp」だが、
トップページの最下段には「(c) Yahiko-Jinja」とあるし。


まあそんな細かい話はともかく。
…さらにもっと細かい話を ^^;


「神社」の表記。

1)神殿の扁額では「神社」。
神殿.JPG

2)大鳥居の扁額では「神社」。
大鳥居.JPG

3)大鳥居の隣にある社号標では「神社」。
社号標.JPG


しめすへんの表記がバラバラだ。
1・2はいいとしても、3はどうしてこうなった。
もちろん「神」も「社」も常用漢字。
画数や何かの縁起担ぎとか??
それともそういう習わしでもあるのだろうか。

まあ、神様はそんな些細なことにはこだわらないのだろう。


札幌でちょっと時間を持て余した時など、中島公園の散歩がてらにお参りするのもいいかもです。
近くには札幌護国神社もあります。

posted by 並句郎 at 22:08| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘274 「莫」


kaiko274.JPG



鳥取砂丘。
撮影は1985年。
この写真のタイトルとして最初に思いついたのは「茫莫」だったのだが、辞書を見ると「ぼうばく」の「ばく」は「莫」ではなく「漠」らしいので、「索莫」とした。
「茫莫」はダメですかそうですか。
手持ちの辞書全てに載っていないのでは仕方がない。
「さくばく」の「ばく」は「莫」でも「漠」でもよいようだが…


「完全征服」によると「莫」の読みは、
 音読み=ボ・バク・マク・モ
 訓読み=く(れ)・な(い)・な(かれ)・さび(しい)

漢和辞典を見ると、上記訓読み以外にも沢山の字義がある。

字の成り立ちとしては、例えば漢字典によると、
草原に日の沈んださまで、日ぐれの意を表す。暮の原字。借りて「ない」「なかれ」の意に用いる。
とのこと。
草かんむりだけでなく下部の「大」も元は「艸」で、まさに草の間に日が沈むさま、だろうか。

で、その原義である「くれ」や「おそい」などの場合は音が「ボ・モ」。
他の「ない」や「さびしい」などの場合は音が「バク・マク」。
それを覚えておくと漢検でも例えば「莫春」の読みが「ぼしゅん」か「ばくしゅん」かで迷わなくてすむ。
「莫春」は春の終わり(=暮れ)のことなので、「ぼしゅん」が正解。


一部の辞書には熟語「莫大小」(メリヤス)が載っている。
これは漢検の勉強で覚えてはいたが、なぜそう書くのか、いつも疑問に思いつつ調べていなかった。
漢字源によると、
「莫大小」は、この布が自由にのびちぢみし、きまった大きさをもたないことから当てた表記で、「大小莫 (な) し」の意。
とのこと。

よく見る「莫大」も、「(これより)大なるは莫 (な) し」から来ている、と。

posted by 並句郎 at 20:29|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

漢熟検の過去問 2015年度第1回

漢熟検のサイトに、2015年度第1回の検定問題(と解答)が載っていた。

で、2級と1級の問題をやってみた。
結果、いずれも100点満点で、
 2級 96点
 1級 62点
  (合格基準は80%程度の正解)

2級は過去最高タイ。
1級は、それより上の師範級が無くなって1級が最上級になってからでは最低の成績。
うーん…


1級恒例の専門的な問題、今回は「年中行事・神事及びそれらに関連する言葉」。

 フイゴマツリ
 ネブタ
 ウラボンエ
 ニイナメサイ
 クンチ
 ウソカエ
 トブサマツ
 サギチョウ
 ヤイカガシ
 カンブツエ
 アイナメサイ
 ツイナ

半分ぐらいは聞いたこともありませんごめんなさい。
問題は10問で、上記選択肢12個の中から選んで漢字で書く。
正解できたのは(ネタバレになるので漢字では書かないが)「ウラボンエ」・「ニイナメサイ」・「ネブタ」の3問のみ。
この専門的な問題、前回は全問正解だった。
出題による運・不運の差が大きいのは相変わらず。

「ネブタ」の「ネ」の字について。
標準解答にある字は、漢和辞典を引くと俗字とか異体字となっており、自分は正字で解答したので正解扱いにした。
他にもいくつか、漢検で言うところの標準字体ではなく許容字体が標準解答で使われている字があり、自分は標準字体で解答したので正解扱いにしたものがある。
そのあたりで、実際に受検したとしたら自己採点より低くなるかも知れない。
…が、まあいずれにしても不合格だけどもね ^^;


今回の合格率は、
 1級…21.4%
 2級…61.9%

「1級」の合格率を単純に漢検と比べてみると、漢熟検の方が高い。
今回この並句郎ですら62点(漢検の場合に換算すると124点)も取れていることから分かるように、漢熟検の1級は漢検の1級+準1級って感じなので、それだけ易しいと言えば易しい、のかも知れない。



蛇足。
気になったこと。
2級の大問9。
次の故事・ことわざの〔 〕に当てはまる漢字を、漢字一字で書きなさい。

「漢字を漢字一字で書け」ってのは日本語としてちょっとどーなの。

posted by 並句郎 at 14:47| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする