2015年03月09日

続・命題

かなり前になるが、世間では「命題」という言葉の意味の取り違えが多い、と書いた。
あまりに多すぎて、新聞社なんかではもう誤りが誤りではなく公認されてるんじゃないか、と。

ところが。
先月になるが、産経のこの↓記事。

【赤字のお仕事】 「至上命題」を言い換えるのが「最重要課題」です



産経新聞の校閲担当者が、記事原稿中の「至上命題」は誤りなので「至上命令」とか「最重要課題」などと言い換えている、という話。

あれ、そうなの?
公認じゃないんだ。
その割にはよく見るけどなぁ…

念のため産経のサイトで「至上命題」を検索してみると、誤用が出るわ出るわ。
岡山空港にとって新路線誘致は至上命題
公明党は「全員当選」を至上命題にしている
「安全・安定輸送」を至上命題とするJR東海」…

ネットの記事は校閲を通ってないのかも知れないが、それにしても。

上記記事は「至上命題」だけについての話になっているが、単なる「命題」でも同じことで、もちろん産経だけの話でもない。
もういちいち検索もしないが。

取りあえず、まあ、少なくとも産経では誤用が公認ではなかったということで、いくらか安心した、ような。
もう完全に手遅れだとは思うけどもね。
自分としても今さら声を大にして誤用だ怪しからんと言いたいわけでもない。
それでも、本来は誤用だということは知られていいと思うし、少なくとも新聞記事なんかでは誤用して欲しくない、んだけどなぁ…

posted by 並句郎 at 19:24| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする