2014年04月27日

漢検 平成25年度第3回実施状況

漢検サイトより。

例によって一覧表に追加した。

準1級の合格率は 8.2%。
前回、12%と予想していたがハズレ。

10%割れか。
昨年度の1回目以来だと思えばそう珍しいことでもない、ように見えるが、過去6年間で2度目だと思えばやはりなかなかの低水準。

グラフ25_3.GIF
1級・準1級・2級の合格率推移グラフ →→→
ここをクリックで拡大)

グラフの上がり下がりのパターンで見ると、準1級の合格率は次回さらに下がることになるが…
さすがにそれは無いか。
パターンが崩れるかな。

posted by 並句郎 at 11:43| 漢検 | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘218 「杏」

城。
kaiko218.JPG



「ぎんなん城」は熊本城の別名。
撮影は1986年。

なぜ「銀杏城」か、というと、加藤清正が築城の際に植えた銀杏(いちょう)の木があるから、とのこと。
熊本城公式ホームページ


「完全征服」によると「杏」の読みは、
 音読み=キョウ・アン
 訓読み=あんず


音読み「アン」と訓読み「あんず」が紛らわしいが、この一致は偶然なのか必然なのか。
「杏子」と書いて「アンズ」と音読みしたのを訓として取り入れたんじゃないのかと想像するが…

「銀杏」で「ぎんなん」と読むのは、大辞泉によると、《「ぎんあん」の連声(れんじょう)。「あん(杏)」は唐音》とのこと。
こういうの、「連声」っていうのか。


漢和辞典を見てみる。

字の成り立ちは会意説と形声説がある。
会意の場合の「口」は、口で食べておいしいから、とかなんとか。
おいしい木の実は他にもあるだろうに。
形声の場合の音符「口」は、「向」または「可」の省略形らしい。
さて、どの説が正解だろかね。

どの辞書にも熟語「杏仁」が載っているが、読みを「キョウニン」としか載せていないものが多い。
「アンニン」と読みたくなるし、その読みも併記しているものもあるが…
料理名としても「きょうにんどうふ」として大辞林などに載っている。
ググっても本来は「きょうにんどうふ」だったという記述がいくつか。
漢検で出題された場合の正解は知らないが、「キョウニン」の方が安全かも知れないかも。

posted by 並句郎 at 22:29|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

漢検ジャーナル Vol.12

1級合格者発表以外は、漢検サイトでも見られる。
なんで1級合格者名は載らないんだろね。
誌面ならいいがネットじゃダメなのか。
笠間親子は載っていたのでファンのかた(?)はご安心を。


特集は「目標へのプロセスが自分を信じる力になる」。
巻頭メッセージは松岡修造さん。
失敗しても『ガッツポーズ!!』」か。熱いねー ^^;
そこも含め、特集記事内では特に漢字がどうこうという話は無いが、その最後のコラムに
資格や検定は受けたことがないという人は、この機会に何かに挑戦してみてはいかがでしょうか
と、さりげなく漢検受検のお誘い ^^

あといくつかコラムとかクイズとか。



それと、平成25年度第2回の漢検問題抄録。
2級以上をやってみた。
以下一部ネタバレ注意。


2級の四字熟語、「内疎外親」を知らなかった。
準1級は全部できた。
1級は難しいねー。当たり前だけど。
読みの「莨」=「たばこ」と、
書きの「辻ツマ」=「褄」しかできなかった。


なお、上記漢検サイトでは、問題抄録専用の答案用紙がPDFで提供されている。
果たして利用者が何人いるのか、と思わないでもないが、しかしなかなか粋な計らい。
これは是非、漢検ジャーナルだけではなく、問題例ページでもやって欲しいところ。

posted by 並句郎 at 22:02| 漢検 | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘217 「耶」

麻郡山都町山都駅。
kaiko217.jpg

磐越西線。
ご覧の通り、福島県。
現在は喜多方市。
撮影は1989年。

漢和辞典で字の成り立ちを見ると、これがなんともさまざま。
漢語林・現代漢和では会意文字となっているが、どういう意味合いの会意なのか解説無し。
漢字源では形声文字となっていて、「もと邪とかき…」の註あり。
例解新漢和では「「邪」の「牙」が「耳」のように変形してできた字。
新選漢和では「「邪」と同じ。
旺文社漢和・新明漢・角川漢和では「邪」の誤字とされている。
漢辞海では解説無し。逃げたな ^^
とにかくなんとも胡散臭い字だ。


で、いずれにしても。
「爺」に通じて父の意となったり、「邪」に通じて“よこしま”的な字義もあるにはあるようだが、多くの場合は具体的な意味は持たず、「や・か」と読まれて助字として使われる、と。
なので。
「完全征服」によると「耶」の読みは
 音読み=ヤ
 訓読み=か
となっているが、訓読みにも「や」を入れた方がいいんじゃない?
手持ちのほとんどの辞書で、訓読みにも「や」が載っている。


そう言えば、漢検四字熟語辞典に
 有耶無耶(うやむや)
 是耶非耶(ぜかひか)
の2語が載っていた。
この場合の「耶」も助字だろかね。
「有耶無耶」の「ヤ」は音読みな感じもするが、「ありやなしや」と読めば訓読みのような。
よく分からん。
ここは有耶無耶なままでいいや ^^

posted by 並句郎 at 22:19|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

法面

法面。
のりめん。

「面」は分かるが、「」って何?

まず「法面」の意味を確認。
大辞林

切土(きりど)や盛土(もりど)によって造られた傾斜地の斜面部分。のりづら。


その場合の「法(のり)」も確認。
大辞泉

のり 【▽法/▽則/▽典/▽範/×矩】
5 イ 土木工事で、切り土・盛り土などの斜面の傾斜。また、その斜面。


まあこの場合に「則」やら「典」やらの字は使わないと思うが。


次に、漢和辞典を見てみる。
が、元々「法」の字には「傾斜」とか「斜面」のような字義は見当たらない。
国訓としてならあるが、それを載せているのも漢辞海と漢語林のみ。

熟語としても国訓の解説中に見られるのみで、見出し語にはなっていない。
そもそも「のり」と訓読みするということは、漢熟語(?)ではない、ということか。


結局、なぜ「傾斜」や「斜面」が「法」なのか、さっぱり分からない。

ググったり、OKWaveYahoo!知恵袋なども見てみたが、どうも要領を得ない。

なので無責任な想像をするしかない。

元々は、海苔を天日干ししている様子から、そのような斜面を「海苔面」と呼んでいたが、より簡単な「法」の字に取って代わられて「法面」となった!
ドヤ! ^^;

posted by 並句郎 at 21:59| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘216 「臥」

牛山。
kaiko216.JPG



青函連絡船から見た函館山。
撮影は1984年。

「臥牛山」は函館山の別称。
…なのだが、函館だけでなく各地にあるようだ。
Wikipedia


「臥」の字については以前にも書いたので簡単に。

「完全征服」によると読みは、
 音読み=ガ
 訓読み=ふ(す)・ふしど

漢和辞典を見てみる。

字義として「ねま(寝間)」などを載せている例は多いものの、「ふしど」まで載せているのは漢語林と漢辞海のみで、それでも読みにまではなっていない。
「ふしど」は普通、「臥所・臥し所」と書かれるようだ。
それでも漢検としては訓読みで「臥=ふしど」なんだろうかね。
漢和辞典に載っていないということは、日本で「臥=ふしど」の用例が多いということだろうか。

posted by 並句郎 at 21:04|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

四字熟語などパズル用 問題リスト改訂

四字熟語などパズル用の、AKB48メンバーリストと4字駅名リストについて。


AKB48の大島優子さんの卒業が話題になっているが、今日現在、公式サイトのメンバー一覧にはまだ載っているので、パズル用リストからもまだ削除していない。

また、大組閣祭りで正規メンバーへの昇格が発表された研究生については、一覧ではまだ研究生扱いなのでリストに載せていない。
近々新体制始動となり、今の研究生も載せることになるだろう。

が、先のドラフト会議で指名された6名が正規メンバーとして一覧に載ったので、以下の4文字の4名をリストに載せた。
わずか4名だが、使われている字が絶妙で、パズルとしてはかなり難しくなった。
 西山怜那
 後藤萌咲
 川本紗矢
 横島亜衿


それより何より問題なのが、チーム8ですよチーム8!
メンバー47名が決定し、公式サイトにも載った。
しかしね、さすがの並句郎も、新たに47名を覚えようとは思わない ^^;
4字以下氏名に限っても40人ぐらいになるだろう。数えてないけど。
なのでチーム8の皆さんには申し訳ないが、パズル用リストには載せないことにしますごめんなさいごめんなさい。
47人覚えてやる!という猛者は、ご自身でリスト作成をお願いします。

…でも北海道代表の坂口渚沙(さかぐちなぎさ)ちゃんだけは覚えた ^^
旭川の子らしいですよ。
旭川の皆さん、北海道の皆さん、応援をよろしくお願いします。



次に、JRの4文字駅。
3月14日いっぱいで、JR北海道の海峡線の吉岡海底・竜飛海底の2駅(と、知内駅)が廃止。
また、3月いっぱいでJR東日本の岩泉線が廃止になり、4文字駅の岩手刈屋・岩手大川も廃止。
合計4駅を削除した。

なお、駅の廃止や開業、また改名について、常にチェックしてるわけではないので、漏れがあるかも。
その場合はごめんなさい。

また、AKBにしても駅名にしても、小さい改訂の場合は一々ブログには書いてませんので悪しからず。



パズルプログラム 及び 問題リストは、こちらからどうぞ。

posted by 並句郎 at 22:32| 漢字の周辺 | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘215 「蘇」

海。
kaiko215.jpg



京都府。
撮影は1992年。

傘松公園からの天橋立。
右側が阿蘇海、左側は宮津湾。

ここの「阿蘇」の地名の由来をググったが、はっきりしない。
中にはマオリ語由来だとかいう話もあるが…
取り合えず、九州の阿蘇と直接の関係は無さそう。
そりゃそうか。


「完全征服」によると「蘇」の読みは、
 音読み=ソ・ス
 訓読み=ふさ・よみがえ(る)


漢和辞典を見てみる。

「ふさ」の語義を載せている辞書は少ないが、他に存外色々な意味が載っている。
例えば漢語林から抜粋してみると、
 草の名(紫蘇)・木の名(蘇枋)
 よみがえる・生きかえる、さめる・目ざめる、たきぎ、草を刈る
 手に取る・持つ、もとめる・ひっぱる、鳥の尾、国名、むかう・さからう
など。
そんなに字義を持つ字だったのか。
見くびっていた。ごめんなさい ^^;


下の「」の部分を左右逆にした「」が、異体字などとして載っている。
実は自分も書く時にちょっと迷う。
まあ辞書には載っていても、高橋などを見る限り漢検の許容字体にはなっていない。

その「穌」は音符で、意味付けをしている辞書もあるが…
例えば漢語林では「木や魚をとるの意味」、
漢字源では「まったく縁のない物を並べ…」などとある。
どっちにしても無理矢理感が否めないというか何というか、正直そんな印象。


(中国以外の)外国地名にも沢山使われている。
漢字源に載っているのは、
 蘇維埃(ソビエト)
 蘇格蘭(スコットランド)
 蘇干地那威(スカンジナビア)
 蘇士(スエズ)
 蘇丹(スーダン)

ソビエトもこの字だったのか。
「蘇連」なんて見たこと無いが、「日蘇ナントカ」ってのは見たことある気がするな。
posted by 並句郎 at 19:55|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

改めて、Seesaaさん、お世話になります

5年ほど前に立ち上げ、その後放置状態だったこのブログに、旧ブログから丸ごと移転してきたいと思います。

旧記事の移転は一気に全部は無理なので、おいおい、ちまちまと。
単純な移転だけでなく、記事中のリンク先修正なども必要なので時間がかかります。

新記事はこちらで書いていきます。

よろしく。
posted by 並句郎 at 00:05| 雑事 | 更新情報をチェックする