2012年07月25日

1級→2級配当漢字 「楷」




1級→2級配当漢字の17字目。

漢字辞典ネット様によると、読みは

【カイ】 のり、のっと(る) (【 】内は常用漢字表(PDF)掲載の音訓)

常用漢字表掲載の「例」は
 楷書

準1級プラスでも
 楷書
として載せている。


「楷書」以外、知らないな。
「楷」の意味も知らない。
「楷の木」って聞いたことあるような気もするが…

漢辞海によると、

黄連(オウレン)木。孔子の墓に植えられたので、孔木ともいう。

とのこと。
試しに「楷」で画像をググってみると、なんかきれいだ。

他の字義としては、模範・手本・正しい、などなど。
表外訓読みの「のり・のっとる」ってのは、「法」や「則」のことか。


音符「皆」について、漢語林でのみ意味付けがされている。

皆は、ならぶの意味。枝や幹の模様が正しく並ぶ木の名を表す。転じて、正しく整った手本の意味を表す。

とのこと。

Wikipediaを見ると確かに…

カイノキは直角に枝分かれすることや小葉がきれいに揃っていることから楷書にちなんで名付けられたとされる。

…とあるが、ん?
「楷書」が先、「楷の木」が後、なのか?
よく分からん。

posted by 並句郎 at 23:24| 1級→2級配当漢字 | 更新情報をチェックする