2012年07月06日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘140 「廻」

旋橋。
kaiko140.JPG

かいせんきょう。
天橋立。
京都府。
撮影は1992年。

以前の「日本冶金工業の船」と同じ時。

水路にかかる橋が、船を通す時に、水路中央の橋脚を中心に橋桁が90度回転して…
まあYouTubeでもご覧下さい。


「完全征服」によると「廻」の読みは、
 音読み=カイ・エ
 訓読み=まわ(す)・まわ(る)・めぐ(る)・めぐ(らす)


漢和辞典を見ると、「回」とほぼ同義。
「現代表記では〔回〕に書かれる」とかで、熟語についても「〔回〕の項を(も)参照」などとある。

漢語林には
「古くから回と同じに用いられた。」
ともある。

「完全征服」で「回」の読みを見ると、
「めぐ(らす)」が表外読みになるほか、「めぐ(る)」が見当たらないだけで、「廻」とほぼ同じ。
しかし漢和辞典では「回」に「めぐる」の訓もあるので、となると「廻」の存在意義はどこに…?

んー…
「廻」の方が、より広範囲をまわりめぐるようなイメージかな…
あくまで個人的には、だが。
でも、「廻船問屋」なんて時は「廻」の方がしっくりくる、気がする、ような。
大辞泉を見てみると、「廻」の表記しか載ってない。
お、やっぱり、と思ってしつこくググってみると、
 "廻船問屋"=約 162,000 件
 "回船問屋"=約 185,000 件
ありゃりゃ、「回」優勢か。
ますます「廻」の存在意義が…

ま、そんな、あってもなくてもいいような字だから、常用漢字にもならないんだろうね。

posted by 並句郎 at 23:23|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

1級→2級配当漢字 「拉」




1級→2級配当漢字の14字目。

漢字辞典ネット様によると、読みは

【ラ】 ラツ・ロウ・くじ(く)・ひし(ぐ)・ひしゃ(げる)・ひ(く)
(【 】内は常用漢字表(PDF)掲載の音訓)

常用漢字表掲載の「例」は
 拉致

準1級プラスでは
 拉致
 拉麵
として載せている。

熟語としてはその二つぐらいしか思いつかないが、何か他でも見かけるような…
チベットの首都のラサの漢字表記「拉薩」で見てるのだろう。

いずれにしても、読み方としては「ラ」という音しか知らないし、それしか常用漢字表には載っていない。

漢和辞典を見ると、訓としては、上記漢字辞典ネット様にあるように「くじく・ひしぐ・ひく」などがある。
「ひしゃげる」を載せている辞書は手持ちの中には無かった。

ラーメンを「拉麵」と書くのは、生地を引っぱって麵にするからだ、と聞いたことがあるので、「ひく」は分かる。
が、他はあまりいい意味ではないようだ。
チベットのラサにそういう字をあてたのは、やはり中国人の中華思想のなせる業… というのは勝手な推量だが。


さて、この字が常用漢字になったのは、常用漢字表の「例」にあるように、やはり「拉致」に使われる字ということが一番大きい理由なんだろう。
あの5人が還ってきてから10年。
その10年間に何か進展はあったのだろうか。
むしろ退歩しているのではないか。
まあ、仕方が無い。
今の“自称”政治家どもを見てれば、ね。

posted by 並句郎 at 23:35| 1級→2級配当漢字 | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

押下

「リターンキーを押下する」とかの「押下」。

こんなもん音読する機会など無いが、つーか、もしあれば「押下する」ではなく「押す」と言うだろうが、自分は今まで脳内では「おう」と読んでいた。
が、あるところを見ていて「おう」が正しい(らしい)と知った。

しかし、なぜか国語辞典にも漢和辞典にも載ってない。
押しボタンやキーボードの出現後の、最近の言葉なのだろうか。
ひょっとしてパソコン用語?

なぜ自分が「おうげ」だと思い込んでいたのかは分からない。
「おしさる」から連想したのか。



簡単な言葉・漢字であっても、読み方を間違って覚えていたという語が、他にもいくつかある。

 ・過不足 ○かふそく ×かぶそく
 ・場末  ○ばすえ  ×ばまつ
 ・如才  ○じょさい ×にょさい

 ・不得要領 ○ふとくようりょう ×ふえようりょう ***2017.5.31 追加***
 ・為政者 ○いせいしゃ ×しせいしゃ ***2017.5.31 追加***
 ・人非人 ○にんぴにん ×じんひじん ***2019.9.1 追加***

洗い出せばもっと沢山あるんだろう。
今後気がついたら、ここに追加していこうと思う。

知らないところで恥もかいているんだろうなぁ。
逆パターン(他人の間違いに気づくこと)もあるけど。

posted by 並句郎 at 23:03| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする