2012年01月28日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘117 「煉」

瓦倉庫。
kaiko117.jpg






小樽運河。
1987年。

よく見ると、やや右寄りに低空飛行するカモメも見える。


「煉」の字。
意符が「火」なのは想像できる。
となれば音符が「柬」の形声文字か。
旺文社漢和辞典の[解字]を見てみる。

形声。
火と、柬
レン(やわらかくする意→練レン)とで、火でやわらかくとかす、「ねる」意。


とのことで、糸へんの「」にも通じるようだ。

「柬」が入ってて「レン」といえば金へんの「」もあるな。

「完全征服」によると、煉・練・錬の3字とも
 音読み = レン
 訓読み = ね(る)(「錬」の「ね(る)」は表外読み)
これは紛らわしい。

使い分けとしては、繊維関係が「練」、金属関係が「錬」ってことでいいのかな?
で、煉瓦はそのどちらでもないから「煉」??

「練習」とか「訓練」なんてのは人間のすることだが「練」なのは何故だろう?

そもそも糸?繊維?を「ねる」って何?

「練馬」の地名の由来は?

「練・錬」は常用漢字で、つくり部分は「」ではなく「」が標準字体だけど、「柬」と「東」じゃ全然別の字なんだから、それって本当はダメなんじゃね?

柴田錬三郎氏なんかは、やっぱ「錬」のつくりをちゃんと「」と書いていたのだろうか。


…とか、色々と疑問が湧いてきてキリが無い。
興味があれば各自でお調べいただきたく… ^^;

posted by 並句郎 at 19:32|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする