2011年07月30日

「漢字のある風景」フォトコンテスト

久しぶりに漢検サイトを見てみると、「「漢字のある風景」フォトコンテスト」の作品募集中、と。

主催は漢検協会だが、共催として「京都府・第26回国民文化祭京都府実行委員会」とある。
国民文化祭ってやつの関連行事なのかな?

「国民文化祭」なんて初めて聞いた気がする。
Wikipediaによると北海道での開催はまだ無いようだ。


で、その「「漢字のある風景」フォトコンテスト」。
「準1級配当漢字 懷古寫眞舘」なんてのを作ってる自分としては興味あるところだが、寫眞舘の写真は…
漢字が写ってるとしても、ほとんどただの駅名標とかだし、
どれもピントが甘いし、
そもそも古い写真ばっかりだし、
応募できそうな写真は無いな。
古い写真じゃダメ、なんて規程は無いようだが。

一般部門の「大賞」の副賞は、「漢字発祥の国を巡る旅(中国ペア旅行券)、図書カード2万円分」とのこと。
図書カードはいいが、中国旅行って一体何の罰ゲームなのかと ^^;

中国旅行したいという勇者は応募してみて下さい。

posted by 並句郎 at 22:17| 漢検 | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘091 「筑」

前簑島駅。
kaiko091.JPG



旧国鉄筑肥線。
福岡県。

この駅を含む、筑肥線の博多-姪浜間は、1983年、並行する地下鉄の開業と同時に廃止になった。
撮影は廃止の1週間ほど前。
三脚立ててる兄さんも記念撮影だろう ^^

筑前簑島は博多の次の駅。
大博多駅の隣にこんな駅が… 30年近く前までは存在したんだねぇ。
いかにもな風情が、私鉄として開業した歴史を物語る。


「筑」の字は「筑前」などの地名・人名でしか見たこと無い気がするな。
字義も分からない。

旺文社漢和辞典を見てみる。

[意味]
チク。楽器の名。琴に似ており、竹でうち鳴らす。(以下略)

[解字]
会意形声。
ひざをついて動作する意の巩と、竹
チク(たけ)とで、ひざまずいて竹でひく楽器の意を表す。



熟語としては「筑前」と「筑後」しか載ってない。


「筑」は楽器の名か。

すると今度は、例えば筑前は楽器と何の関係があるのか、と疑問。
筑前・筑後は「筑紫」の前後なので、手持ちの地名事典(三省堂コンサイス日本地名事典)で「筑紫(つくし)」を見ると、

古くは九州全般を称し、「日本の尽くるところ」の意。

とある。
ネットをググると他にも諸説あるようだが、いずれにしても楽器とは無関係で、「チク・ツク」などの音に「筑」の字をあてただけのようだ。


とにかくそんな字なので、漢和辞典でも「完全征服」でも「筑」の読みは、音読みの「チク・ツク」だけで訓読みは無し。
漢検での出題もまず無さそう、かな。


ところで、竹かんむりの字で「竹」が音符、と言うことは、音符が部首の字だな。
あと、「築」はやはり竹かんむりで、音符が「筑」ってことで、音符の一部が部首になっている字。
例のところに追加しておこう。

posted by 並句郎 at 23:46|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

命題

昨日の「コクピット クライシス」から。

(P53)
「機械を信頼するか」、「人間を信頼するか」という大命題がまた提起されることとなった。


この「コクピット クライシス」に限らないのだが、「命題」という言葉の意味を取り違えている例があまりにも多い。
上のように「大命題」とか、あとよく見るのが「至上命題」なんて書かれ方もするが、いずれにしても。

「命題」とは、例えば、

 「AKB48をいかにして売り込むか」
 「AKB48のイベントを成功させること」

などではなく、

 「AKB48は女性だけのグループである」
 「AKB48のプロデューサーはビル・ゲイツである」

のような文を指す。


国語辞書を引くと、

大辞泉
2 論理学で、判断を言語で表したもので、真または偽という性質をもつもの。

大辞林
[2]判断を言語的に表現したもの。論理学では真偽を問いうる有意味な文をさす。


"命題" "誤用"でググってみると、誤用例を指摘したページも多い。


試しに、新聞社のサイトで「命題」を検索し、どういう意味で使われているかを見てみた。
ごく一例。

 朝日:人の生死という深遠な「命題」
 毎日:戦時の広告は「総動員」が至上命題だった
 読売:次期衆院選での勝利は至上命題
 産経:共通の命題が東日本大震災の復興


…ダメだこりゃ orz

いや、いちいち例示するまでもない。
本来の意味での用例よりも誤用例の方が圧倒的に多い感じ。

大新聞社の校閲担当者が「命題」の意味を知らないはずは無いし、誤用だと読者から指摘されることもあるだろうと思うのだが…
ネット上と実際の紙面とでは違うかも知れないが、それにしても…
新聞社としてはもはや誤用ではなく“公認”なのかも知れない。


近い将来、国語辞書の「命題」の項に新しい意味が追加されることだろう。
もう載ってる辞書もあるかもね。

ま、それも仕方ない。
そうやって誤用が元で意味が変化・増殖してきた言葉は他にも沢山あるだろうし。


「命題」の用例分析、夏休みの自由研究に良さそうな… ^^


***************************************
2015.3.9 のエントリ、「続・命題」も ご覧ください
***************************************

posted by 並句郎 at 12:57| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

「コクピット クライシス」

主婦の友社
藤石金彌 著、 井上直哉 監修
コクピット クライシス ハイジャックとヒューマンエラー
(2001年12月1日 第1刷発行)


2001年と言えば、9月11日のアメリカでの同時多発テロ。
帯にも、炎上する貿易センタービルの2枚の写真と共に「アメリカ同時多発テロ!」の文字があるが、それについて本文では「終章」でわずか7ページを割いているだけ。
事件を受けて急遽、それまでの雑誌の連載記事から編集し、「終章」を追加して出版した本なのかも。


目次。

第1章 ニアミス(異常接近)と空中衝突の間に
    -絶体絶命! ジャンボ機とDC10-
第2章 バーチャルリアリティでハイジャック
    -キャプテンを刺殺し操縦、墜落寸前に-
第3章 オウム・シンドロームがひとり歩き-恐怖のハイジャック事件へ!
    -何でもありのハイジャックと、懲りない日本人-
第4章 “コンコルド後ろから出火! 右だ!”
    -Wrong Runway-
第5章 キャプテンが大変だ!
    -Incapacitation!(操縦能力喪失)-
終章 「コクピット クライシス」がグローバル・クライシスに!


それらの事件・事故について色々書かれているが、全体として、んー、あっさりした印象。
類書を何冊か読んでいるが、それらの記憶の中に埋もれてしまいそうだ。
決して悪い内容ではないのだが。


(P130)
ハイジャックの語源は、1920年代のアメリカの禁酒法時代、密造酒を積んだ車を追いはぎが、ヒッチハイクを装って"Hi! Jack!"と声をかけて呼び止め、積荷と金品を強奪したことにさかのぼる。


へー、そうなのか。
…ググってみると諸説あるようだ。


(P268)
(1982年の羽田沖日航機墜落事故のボイスレコーダーから、副操縦士の声)
「キャプテン、やめてください」


あれ、そうだっけ?
自分の記憶では「機長、何するんですか」だったが…
ググると「何するんですか、やめてください」だったのかな?
「キャプテン」か「機長」かも分からんな。
どうでもいいけど ^^;


(P259)
(同じく、羽田の日航機事故で)
事故発生直後から空域が閉鎖されるまで、現場上空に殺到した報道ヘリコプターの行った報道(?)によって救難活動は大きく阻害された。爆音と巻き上げる強風によって、声がかき消され、ボートは翻弄され救出活動そのものがダメージを受けた。(中略)
知る権利を振りかざして行われるこうした蛮行は、どこの取材現場でも多かれ少なかれ見られる。



高空ならまだしも、ボートをあおるほどの所でヘリ飛ばすなんてのは犯罪だ。
飛ばしてる奴や乗ってる奴はそんなことも分からないほど馬鹿なのか。
馬鹿なんだろうな。
だからマスゴミなわけだが。
著者は「航空ジャーナリスト協会会員」とあるが、どうやら大手マスゴミに所属してはいないようだ。
だからここで「蛮行」という言葉を使えたんだろう。
この手の本でマスゴミの記者などが書いたものを読む場合は、そのあたりに注意が必要だ。
低空での取材を、まるで武勇伝のように書いてたりするかも知れない。


もう1か所、触れたい所があるのだが、長くなるので明日にする。

posted by 並句郎 at 12:51|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

活溌溌地

活溌溌地
かっぱつはっち。


ダイソー四字熟語辞典によると意味は、
「魚がはねるように勢いがよいさま。いきいきと活動するようす。」


この語、漢検の四字熟語辞典では読みが「かつはつはつち」になっていたはずで、自分もそう覚えていた。
が、「"かつはつはつち"」でググってもわずか6件しかヒットしない。

「かっぱつはっち」なら、約 34,200 件。

大辞泉でも、大辞林でも、「かっぱつはっち」。

手持ちの漢和辞典でも「かっぱつはっち」。
ただ、漢辞海には
「活潑潑地」(カッパツハッチ)=「活潑潑」(カツハツハツ)
という記述がある。
最後の「地」は無くてもよく、無い場合は「かつはつはつ」と読む、のか?


とりあえず、「活溌溌地・活潑潑地」の四字で「かつはつはつち」と読まれることは少ないようだが、どーなんだ漢検協会?

posted by 並句郎 at 12:40| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

準1級プラス問題集見直し

準1級プラスの対象は、基本、1級配当漢字。

で、先日追加した分も含め、総復習していると…

粗製濫造と職権濫用の「濫」。
あれ、この字、ひょっとして1級じゃないんじゃね?
…やっぱ3級配当だった。
削除しておこう。

しかし、となると、他にも準1級以下のが混じってるかも…

てことで、KChecker でチェック。
他には準1級以下の問題は無かった。


ついでに、いくつか他の条件でチェックしてみた。

「漢検対象外」として、以下の〔 〕内の字が引っ掛かる。

 富〔〕三十六景
 法に欠〔〕がある
 花〔〕岩
 評判の蕎麦〔
 根室の先の〔〕瑶瑁水道
 慶〔〕義塾大学
 和同開〔〕が出土した
 〔寶(寳)〕船
 石川県羽〔〕市
 新日本製〔
 東京〔〕術大学
 歌舞伎の市川〔〕十郎
 立山連峰の〔剱(劔)〕岳
 黄河が注ぐ〔〕海
 江戸の儒学者、荻生徂〔

これらは主に旧字体ってことで漢検対象外なのだろう。
しかし対象外とは言え、
 富嶽三十六景
 花崗岩
 和同開珎
 渤海
あたりは、1級合格者なら書けて欲しい。
まあ特に勉強しなくても書けるだろうとは思うけど。


あと、なぜか、漢検対象外にも、1級にも、準1級以下にも引っ掛からないという謎の字が5個。
 吐〔〕喇列島
 【魚介】〔𩸽
 本州最東端の〔〕ヶ崎
 SMAPの草〔〕剛
 【植物】〔

これもおそらく実際は漢検対象外だと思われる。
表示されなかったらごめんね。

これらの漢検対象外の漢字は、問題集の正答欄で〔 〕で囲ってそれと分かるようにした。
もしも当問題集を1級の受検勉強にご利用のかたがいらっしゃれば、ご参考に。


そんなわけで。
「濫」を書かせる2問を削除。

ついでに、「珸瑶瑁水道」の「瑶」を、国土地理院の地形図の表記に従って「」に変更。
(「瑤」は漢検対象外漢字)

あと、【魚介】(ハタハタ)の正解が「鰰」になっているが、別解として「」を追加。

以上。

posted by 並句郎 at 19:07| 漢字 | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘090 「灘」

熊野
kaiko090.JPG




三重県の七里御浜。
熊野市の獅子岩付近。
右上に、かすかに月。
1992年。

北海道の周りには「灘」(という名のついた海)が無い。
東北にも無い。
西日本に多い。
これはやっぱ海運の歴史によるのだろうか。


ところで「灘」とは、

大辞泉
 海で、風波が荒く、または流れが速くて航海の困難な所。

だが、漢和辞典によると、

旺文社漢和辞典より抜粋。
 はやせ。水が浅く、岩石が多く流れの急な所。
 [国語]なだ。潮流が激しく波の荒い海。


漢辞海より抜粋。
 河川の中で水が浅くて石が多く、水流が非常に急な場所。はやせ。せ。
 [日本語用法]なだ。近海の航路上で、風波の荒い難所。


とあり、漢辞海では「灘」に「せ」の読みもあることになっている。

元々は川の話だったようだが、何故か日本では海の話になっている。
なんでそうなったんだろかね。

漢検の受検勉強で「急灘」とか「灘声」とかがよく出てきたが、その時は深く考えずに海の話かと思ってた。

「完全征服」によると「灘」の読みは、
 音読み=ダン・タン
 訓読み=はやせ・なだ

漢検公認で「はやせ」の読みもあるんだね。
知らなかった。
勉強不足だった。

posted by 並句郎 at 12:38|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

「インターネット文化の諸相」

春風社
若林一平 著
インターネット文化の諸相 グローバリゼーションを生きぬく知的戦略
(2011年3月26日 初版発行)


元は業界誌に連載した記事とのことで、各節読み切りで、「諸相」の名の通りに色々な“相”について語られる。
その“色々”具合は次の目次の通り。


第Ⅰ部 文化という暴力
  1 液晶と人間 溶解する現実と虚構の境界
  2 技術と暴力 穏やかさのもつ危うさ
  3 恐怖と対話 インターネットの誕生と進化の軌跡
  4 朝鮮と広島 リトルボーイからサイバーウォーへ
第Ⅱ部 文化としての戦争
  5 市民と武装 自由をわれらに
  6 帝国と電脳 苦悩するユビキタスの世界
  7 遊技と諜報 オタクの政治学
  8 記憶と戦争 過去に学ばないという病
第Ⅲ部 市場をつくる文化
  9 余暇と消費 中産階級が支えるモールの文化
 10 株価と検索 経済戦争の新しい展開
 11 広告と地球 再定義される市場
 12 歴史と企業 モスクワより愛をこめて
第Ⅳ部 地球をつくる文化
 13 大陸と日本 世界史をつくったモンゴル
 14 資源と欲望 地球を食う満足の文化
 15 鉄道と帝国 後藤新平からジョージ・W・ブッシュまで
 16 水素と梅棹 ウェブの未来の行方
第Ⅴ部 知の革命
 17 体制と風刺 笑う哲学
 18 教育と電子 宮大工と棋士の憂鬱
 19 知識と言葉 知の組織化は未踏の世界へ
 20 公衆と自立 未完の革命
第Ⅵ部 たくらみとしての文化
 21 文化と戦略 最終章



ちょっと“色々”過ぎて、一気に読むと話題が飛びに飛んでまとまりに欠けて見える。
「インターネット」という語で括ることもできなくはないが、主題はインターネットではなくそれと絡めた諸々の「文化」であり、残念ながら全体としては散漫な印象。

それに…
そこはかとなく漂う“斜め上”臭が…
それは最後の最後、あとがきで顕著になる。


(P248)
小学校での英語必修など論外である。小学校で語学を学ぶのなら、この列島の文化の多様性を知るためにアイヌ語や韓国語を語学科目に入れるべきである。


小学校での英語必修の是非はともかく、何故にアイヌ語?韓国語?
アイヌは文字を持たないので、一部のローマ字などによるものを除いて文献は無い。
アイヌ語で会話できるアイヌも現在どれほど存在するのか。
文化ってことなら、アイヌ語でなくても他のアイヌ文化を学ばせればよい。
また、百歩譲って韓国語はアリとしても(だとしても韓国語じゃなくて朝鮮語だろ、と)、まだ中国語の方が先ではないのか?



(P254)
国民国家としての日本を見ると、ロシア・中国・台湾・韓国、隣接するすべての国々との国境線が画定していない。


中国・台湾との国境線云々ってのは尖閣を指してるんだと思うが、ここでもまた百歩譲って北方領土と竹島についてはまだしも、日本が実効支配している尖閣についてまで「国境線が画定していない」なんつー言い草は、あの鳩山の馬鹿発言と一緒だ。



(P254)
(周辺諸国との関係・外交において日本は)好きだ嫌いだという甘えた感情論を卒業すべきときだ。


またまた百歩譲って日本が甘えているとしても、特亜はその何倍も甘えているだろう。
「感情論を卒業すべき」なんてことはまず特亜に向けて言え。
まあ、特亜を甘やかし過ぎた日本も反省すべきではあるが。



(P255)
韓国はもともと文化先進国という輝かしい歴史を持ちいまや日本のライバルとしての存在感を強めている。


またまたまた百歩譲… え?
「韓国はもともと文化先進国という輝かしい歴史」!?
さすがにこれは冗談で言ってるものと思いたいが…
本気で言ってるとしたら、とてもとても百歩も譲れないな。
著者のお里が知れたか。



…とまあ、そんな著者による本だが、あとがき以外では“斜め上度”はそれほど強くはない。
所々面白いことも書いてあ… った、かな…?
ちょっとした暇つぶしに、細かい節ごとに読むつもりならいいかも知れない。
が、定価3,333円とお高いので、是非図書館でどうぞ。

posted by 並句郎 at 12:59|   図書館本各記事 | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

自画自賛

自画自賛


ダイソー四字熟語辞典によると、意味は「自分で自分をほめること。」

で、説明としてこうある。

「自分の描いた絵に自分で「賛(絵画に書きそえる詩や文章)」を書く意。賛は、他人に書いてもらうのが一般的。」


へー。
そうなのか。
単純に自分の絵画を自分で賛美するから自画自賛だと思ってた。

」ってのを知らなかった。
大辞泉

3 画面の中に書きそえた、その絵に関する詩句。画賛。


「"画賛"」で画像をググってみると、なるほど、それらしいのが沢山出てくる。

posted by 並句郎 at 12:52| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘089 「祇」

江津 園祭。
kaiko089.JPG



三江線 石見川本駅。
島根県。

1985年7月12日。
大雨で三江線が不通になり、代行バスに浜原から江津まで乗車。
そのバスからの撮影。

たまたま看板が写りこんだだけのその祇園祭に行ったわけではない。
看板には「江川渡御」の文字も見えるが、おそらく増水している川で実施されたのかどうか。

今年の祇園祭は今度の日曜日、17日の開催のようだ。


」の字については以前ちょっと書いたことがある
」のしめすへんは漢検の標準書体では「示」だが、例えば「神」なんかのしめすへんを「ネ」と書くのは意味無いんじゃね?と。
「ネ」なんて書くから、ころもへんと紛らわしくもなるし。


紛らわしいと言えば、「」の「氏」の下に横棒を足した「」という字が漢検1級配当のようだ。
自分のIMEでは、「ぎおん」を変換すると「園」も出てくるが、これは誤りってことでいいのだろうか?

Wikipediaでは園は誤記」とある。


こんなこと↓を書いているページもあった。

Windows標準搭載のIME「MS-IME」で「ぎおん」を変換すると「園」が出てくることもあってか、テレビ放送のテロップなどを含め、あとを絶たないマチガイ。「」と「」とはまったくの別字。


園」でググってみると、混沌としている。

トップに出てくる「MSN質問箱」には回答が3件ついているが、No.2と、ベストアンサーにもなっているNo.3の回答は誤りだろう。
2002年と古い質問・回答なので、当時の「」の字のしめすへんは「ネ」の形で表示されていたと思われる。
回答者は「ネ」よりも「示」の方が古い・正しいとして「園」が正当のように書いているが、右下の横棒の違いに気付いていないようだ。

他でも、同一ページで「園」と「園」が混在していたりする。
MS-IMEの罪は大きいのでは?
「城孤社鼠」 「杯盤狼籍」と同じか。


なお、Windows XPのデフォルト、あるいはそれより古いフォントだと、「」のしめすへんはおそらく「ネ」で表示されるものと思われます。
その環境だと今回のエントリは意味不明かも知れません。
以前のエントリ参考。


*************************************
2016.7.21 追記
「祇園・祗園」についてはこちらもご覧ください。
*************************************


posted by 並句郎 at 12:41|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする