2011年02月28日

漢検準1級過去問 平成10年度第2回

過去問題集12回分の8回目。

結果、199点。

以下、(間違えた問題)→○正答 ×誤答 …感想

●表外読み

 研究に(勤)しむ毎日→○いそ ×いそし
 …送りがなまで書いてしまった。
  このパターンのミスが度々ある。
  もし本当の受検時なら見直しで気付くはず、だとは思うが…
  今後受検されるかたはくれぐれもご注意を。

  で、この回の誤答はこれだけ。
  このミスさえ無ければ、何度となくやってきた過去問・模擬問で
  初めての満点だったのに…


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、準1級以上の既合格者の皆様ご存知の通り、漢検協会から「『漢検生涯学習ネットワーク』設立のご案内」ってのが届いた。

会員の条件が1級もしくは準1級の合格者とのことだが、1級合格者からすれば「準1級なんかと一緒にすんじゃねーよ!」って感じなんじゃない?
まずそこんとこで参加に躊躇する。

会費無料なのも結構ではあるが、それはつまり、費用は基本的に今後の受検者からの収入で賄われるであろうわけで、今後受検するつもりの無い自分としてはこれまた躊躇する。
国からの補助とかあるのかな?

活動予定の中で、セミナーはそもそも札幌で開催があるのか?とも思うし、あったとしてもおそらく参加者はおぢさんばっかりだろうし… ^^;
「漢検ジャーナル」はもう送ってもらってるし…

「定期的な通信」ってのと「会報誌」に対する野次馬的興味しか無いな。
どーしよ。


ま、考え過ぎかな。
申し込んでおこう。

posted by 並句郎 at 00:31| 漢字 | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘068 「俣」

駅。
kaiko068.JPG




熊本県。

停まってるのは1988年に廃止になった山野線の気動車。
撮影は1984年。


「俣」の字は地名や人名で見かけるくらいで、熟語は… 知らないな。
手持ちの漢和辞典を見ても熟語は無い。

大辞泉を見てみる。
「俣」を含む語は14件あるが、うち、地名人名関連が10件。
残りは、
 ふたまた 【二股/二俣/二叉】
 またみる 【俣海松】
 またみるの 【俣海松の】
 みなまた 【水派/水俣】


「俣海松(またみる)」ってのは海松(みる)の別名、とのことだが、その「海松(みる)」を知らなかった。
緑藻の一種らしい。

で、「俣海松の(またみるの)」ってのは「また」にかかる枕詞だそうで、「またみるのまた」でググると万葉集の歌が見つかるが、一首だけしか見当たらない。


「完全征服」によれば「俣」の読みは訓読みの「また」だけだし、漢検では出題されにくい字だろうね。
満点防止の意地悪問題で「俣海松」なんかが出るかも知れないが、その他ではやっぱ「水俣病」の読み書きが…出るかな?

それより
 海松=みる
 水派=みなまた
の方が出そうな感じ?

posted by 並句郎 at 00:28|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

辞退

AKB48の研究生だった金沢有希さんが、研究生を辞退したとのこと。

辞退という事態自体はともかく… ^^;
金沢さんに限らず、研究生が辞めることをAKB48では「辞退」と表現しているようだが、
「研究生を辞退」?
何か変じゃない?

ニワカファンなので詳しくは知らないが、AKB48の研究生というのは、例えばプロ野球で言えば2軍に当たるのだと思う。
だとして、その2軍選手が辞めることを「辞退」と言うだろうか?

その球団に採用される時の辞退、あるいは、2軍から1軍に上がる時の辞退は有り得るだろう。
そういう採用とか昇格とか、何らかの地位の変化(?)などが発生した時の、それに対する拒否の意思表示が「辞退」なのではないか。
言わばリアクション

が、2軍選手として活動中の選手が球団を去る時のように、言わば平常時の脱退を「辞退」とは言わない気がする。

しかし漢字で考えてみると、
辞退 = 辞める + 退く
…だとすれば、平常時の脱退でも「辞退」でいいような気もする。


「辞退」を色々な辞書で見てみる。

大辞泉
 勧められたことを遠慮して断ること。
 また、自分の既得の地位・権利などを遠慮して放棄すること。
  「出場を―する」


大辞林
 へりくだって断ること。
 遠慮して権利や地位などを放棄すること。
  「叙勲を―する」
  「出場―」
  「せっかくのご指名ですが―いたします」


日本国語大辞典(リンク先の下の方)
 へりくだる気持から命令や依頼などを受けないで引きさがること。
 自分にはふさわしくないとしてことわること。
 また単に、ことわること。遠慮。辞謝。


岩波国語辞典
 人の勧めを断って引き下がること。遠慮すること。

旺文社漢和辞典
 へりくだって引き下がる。
 ことわって退職する。
 丁寧にことわる


漢辞海
 官職をやめて去る
 別れを告げて去る


んー、微妙…

「断る」とか「遠慮する」というのはリアクションだろう。
平常時にいきなり「断る・遠慮する」というのはおかしな話だから。
…「遠慮」は平常時でも有り得るかな?
よく分からなくなってきた。

漢辞海の解説文などは平常時の話のようだ。

「放棄」とか「引き下がる」とかは… どっち?

結局どっちでもアリなのかね?


「辞」を「完全征服」で見てみると、「や(める)」という訓読みの他に「ことわ(る)」という表外読みがある。
「やめる」「ことわる」では明らかに意味合いが違うが、「辞退」の「辞」はどっちなんだろう?

「辞退」というのは本来はどんな意味なのか?
元々は平常時の行動だったが、現代日本ではリアクションの意味で使われることが多いとか、そんな変化があったり???

偉い人、教えて下さい。


いずれにせよ、金沢さん、お疲れ様でした。

posted by 並句郎 at 11:53| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

漢検準1級過去問 平成10年度第1回

過去問題集12回分の7回目。

結果、197点。

以下、(間違えた問題)→○正答 ×誤答 …感想

●読み

 少しも(忽)せにしない性格→○ゆるが ×ゆるがせ
 …送りがなをつけてしまった。


●故事・諺

 大行は(サイキン)を顧みず。大礼は小譲を辞せず。→○細謹 ×細僅
 …これは受検時の勉強でも何度も当たっているはずだが、どうも苦手。
  「細」から連想して「わずか」の「僅」を当ててしまった。

  「細謹」を国語辞書で引いてみる。
  大辞泉 → 些細なことに気をつけること。
  大辞林 → こまかなことに気を配ること。

  「謹」は「気をつける・気を配る」か。
  「謹賀新年」などからの連想のせいか、「謹」の字はどうも
  「あらたまって、かしこまって」のような意味に見えてしまう。
  そういう解釈だと「細謹」じゃ意味不明。
  それで間違える。

  「謹」は「つつしむ」と読むので、「慎」と同様に
  「慎重にする、気をつける」という意味もある、ということに気をつけなければ。

posted by 並句郎 at 00:57| 漢字 | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘067 「嶺」

駅。
kaiko067.JPG



おおみね駅。
山口県。

1997年に廃止になった駅。
撮影は1985年。


「みね」は「峯・峰」の他に「嶺」もあったか。

漢字辞典ネット様によれば、さらに他に全て漢検1級配当で
岑・岫・崟・嶂・巒・椒 もあるようだ。
1級を受検するかたはこれを全部覚えるんでしょうか?
なんかもうイジメですね ^^;


さて、「峯」と「峰」は同じだと思うが、それと「嶺」とはどう違うのか。
大辞泉を見た限りでは違いは無いように見える。

手持ちの漢和辞典でも似たようなものだが、
「峯・峰」は独立した山・山頂なのに対し、
「嶺」にはその他に、山並み・山脈の意味があるようだ。
旺文社漢和辞典の「嶺」の[解字]に、こうある。

形声。
山と、音を表す領
レイ(連なる意→齢レイ)とから成る。


「齢」が連なる意だというのがイマイチ解らんが、ともかく「連なる意」が含まれてはいるようだ。


しかしなるほど、その「嶺」と違って「峰」は独立したものだから、それが連なった場合には「連峰」って言うのか。

しかし「峰」が独立前提なのだとすると、「独立峰」っていう言葉が変に聞こえるな。
「独立一軒家」みたいな…
まあそれは今は考えないことにしよう ^^;
posted by 並句郎 at 00:46|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2011年02月16日




AKB48に
小嶋 陽菜(はるな)さんと
片山 陽加(はるか)さん、そしてSKE48に
出口 陽(あき)さんがいる。

「陽」を「はる・あき」とするのは表外読みだろうが、「完全征服」によれば「陽」の読みは
 音読み
  ヨウ
 表外読み
  ひ
  ひなた
  いつわ(る)
だけ。
「はる・あき」は漢検不認定の表外読みか。

手持ちの漢和辞典では、人名に用いる読みとして「はる・あき」が載っている。
“表内”ではないから、“人名読み”も表外読みの一種ってことでいいのかな?

「はる」は「春」か?
「あき」は「秋」ではなく、「あかるい」とか「あきらか」の方だろうと想像。
しかしなんであれ、「陽」の字に一番相応しい季節は「夏」なんじゃないかと思うが、人名読みとしても「なつ」は載ってない。
ま、実際には「陽」の字を「なつ」と読ませる名前のかたもきっといらっしゃるだろうと、これも想像。


それより、「陽」にいつわ(る)なんていう漢検認定の表外読みがあったとは。
これは問題で当たったことも勉強したことも無かったと思う。

漢和辞典を見ると、「いつわる」意での熟語も結構載っている。
例えば
 陽言=うそをつく。偽っていう。
 陽死=死んだふりをする。死にまね。
 陽眠=寝たふりをする。
など。

だからって何も、「陽」の字を名前に使うべきではない、なんてことは言わないけどね。

posted by 並句郎 at 00:20| 漢字 | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

漢検準1級過去問 平成9年度第3回

過去問題集12回分の6回目。

結果、195点。

以下、(間違えた問題)→○正答 ×誤答 …感想

●熟語と訓読み

 頗僻・(頗)る→○かたよ ×すこぶ
 …この場合の「僻」は「かたよる」だろう。
  だから「頗」を「すこぶる」と読んで、
  「頗僻」=「すこぶるかたよる」と解釈してしまった。
  正しくはどっちも「かたよる」で、同じ意の字を重ねた熟語。
  これは受検当時から苦手だったかも。


●類義語

 脅迫≒(きょうかつ)→○恐喝 ×強喝
 …「きょうはく」は「脅迫」も「強迫」もあったが、
  「きょうかつ」は「恐喝」だけで、「強喝」は無いようだ。
  これも受検当時から苦手だったような。


●故事・諺

 (バクシュウ)の嘆→○麦秀 ×麦秋
 …「麦秀黍離」っていう四字熟語もあるのに…
  情けない。

posted by 並句郎 at 00:23| 漢字 | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

準1級配当漢字 懷古寫眞舘066 「粟」

生駅。
kaiko066.jpg




兵庫県。

乗り換えただけの駅なのでほとんど記憶は無いが、写真はあった。

「あわ」+「おい(おう)」で「あお」か。
なかなか大胆な略し方で。

その大胆さのおかげで、ローマ字で書けば「AO」で2文字と、日本一短い駅名になった。
(ローマ字2文字駅は他にもあり)



「粟」の下半分の「米」は分かるとして、上半分の「西っぽい部分」は何なんだろう?

旺文社漢和辞典によるとその部分は、元は「のぎのある実」の象形らしい。
「西っぽい部分」を持つ字は他にもあるが、ざっと見た限りでは「栗」がほぼ同様なだけで、
「要・票・覆・覇」などはまたそれぞれ別の由来のようだ。


で、まあ、なんにせよ「粟」は、「西っぽい部分」と「米」との会意文字とのこと。
そのどちらも音符ではないため、「粟」の音読みの「ショク・ソク・ゾク」が難しい。

漢辞海の「粟」の[なりたち]の解説(説文解字)にはこうある。

「孔子は「粟」の語の音義は「続(=連なりつづく)」である、と言った。」

何が「連なりつづく」のか書いてないが、粟の見た目を指してるのかな?
まあそれで納得しておけば「ゾク」の音も覚えられそうだ。

posted by 並句郎 at 12:31|   寫眞舘各記事 | 更新情報をチェックする

2011年02月09日




AKB48の指原莉乃(さしはら りの)さんが面白かわいい。

この「莉」の字、自分の知識では「リ」としか読めない。
それは多分音読みだろう。
訓読みでは何と読むのか?
草かんむりだから植物を表すのだと思うが、何を指す字なのか?


なんと旺文社漢和辞典には載ってない。
そんなマイナーな字なの?

漢辞海には載っていた。
が、音読み「リ・レイ」があるだけで訓読みが無い。
漢字辞典ネット様でも同じ。

字義としては、漢辞海では
→「茉莉 マツリ」
として「茉」の方に誘導されるだけで、字単独の意味は持ってないっぽい?


つーか、「茉莉」って「マリ」じゃなくて「マツリ」なのか。
ひょっとして漢検1級業界では有名だったり?
なるほど、「茉」の読みは「マツ・バツ」であって「マ」の読みは無いようだ。

で、その「茉莉=マツリ」って何なのかと言えば、漢辞海によれば「モクレン科の常緑低木。(中略)ジャスミンの一種」とのこと。

posted by 並句郎 at 00:33| 漢字 | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

漢検準1級過去問 平成9年度第2回

過去問題集12回分の5回目。

結果、195点。

以下、(間違えた問題)→○正答 ×誤答 …感想

●読み

 俳句を(玩)ぶ→○もてあそ ×あそ
 …どっちか迷ったんだけどね…

  漢字辞典ネット様によると… (準1級受検者は赤字にご注意)

  「もてあそ(ぶ)」は
   2級以下 … (表外読み)
   準1級 … 玩・翫・弄

   1級 … 狎

  「あそ(ぶ)」は
   2級以下 … 遊
   準1級 …
   1級 … ・佚・敖・游・遨 (「傲」は新常用漢字なので今後注意)


●故事・諺

 笑顔に当てる(コブシ)は無い→○拳 ×(拳)
 …1・2画目を「ソ」じゃなくて「ハ」のように下開きで書いてしまった。
  旧字体ってことでマルにしてもらえるかも?


●文章題書き

 (ソウジン)詞客→○騒人 ×叢人
 …受検時の勉強で「騒人」は見ていたはずだが、すっかり忘れていた。

posted by 並句郎 at 11:34| 漢字 | 更新情報をチェックする