2010年05月05日

ドアノブが壊れた!

トイレのドアノブ。

大抵のノブも同じだろうが、回して手を離すと元の位置に戻るはず。
その戻る力が急に弱くなった。
多分、バネの一部が折れたか外れたか何かしたのだろう。
古いものだし、寿命だったのかも知れない。

ノブを外して見てみたが、門外漢にはまるで分からない。

全く戻らないわけでもなく、そのままでもさして支障は無いのだが、直すとしたらどうするのかどうなるのか一応いろいろググってみると、割と簡単に自分で交換できそうだ。

ドアの中に組み込まれている部品、「錠ケース」とか「ラッチ」とか言うらしいが、それもドアから外して見てみる。
すると、ノブ、つまり取っ手部分ではなく、その錠ケースが壊れたようだ。
分解できるようなシロモノではないので、交換するしかない。

錠ケースには
 GOAL
 G-LOCK
と記されている。
GOALがメーカー名、G-LOCKというのが製品名だろうが、それ以上の型番などは見当たらない。

ノブの回転軸の中心からドアの端までの距離を「バックセット」と言うらしいが、それが64mm。
他、各部の寸法を測ってメモし、取りあえず近所のホームセンターに行ってみた。

錠ケースだけでは売ってない。
ノブも一緒に買うしかないのか。
当然と言うべきか、ドアの表側用と裏側用とで、ノブは2個1組になっている。

で、バックセットが60mmのは沢山あるが、64mmのは一つだけ。
が、それなら他の寸法もほぼぴったり。
価格は3,580円。
結構高いな。
バックセット60mmならもっと安いのもあるのに…

ひとまず退却して、ネットショップで探してみる。
錠ケースだけで、バックセットが64mmで…
…無い。
ノブが一緒になったやつなら辛うじてあるが、価格はホームセンターと変わらないか、むしろ高く、さらに送料がかかる。

結果、選択肢は一つだけ。
ホームセンターの、ノブが一緒の、3,580円のやつ。

交換やめるか?
別に困りはしないし。

しかし古い製品だし、買える時に買っておかないと今後ますます入手難になりそうだ。
なので買ってきた。

今度の錠ケースには
 GOAL
 G・F
とある。

取り付けは簡単。
プラスドライバー1本だけ。
子供でもできる。
一部、微妙~にサイズが合わないが、なんとかごまかす。

で、めでたく交換完了。
閉まり方が今までよりスムーズになったようだ。
さすが新品。

ノブは今までのを流用した。
なので新品のノブ2個がそっくり無駄になる。

うちとは逆に、錠ケースは正常で、ノブの方が壊れたお宅はありませんか?
あるいは、ドアノブ収集家!のかた、無料で差し上げますよ ^^

posted by 並句郎 at 12:04| 雑事 | 更新情報をチェックする