2010年01月18日

スケープゴート

何故今「スケープゴート」なのか、は説明の要もあるまい ^^

で、「ゴート」はヤギだが、「スケープ」って何?

ランドスケープ とか、
ネットスケープ とかから、
何か「広く見ること・見えるもの」みたいな意味かと想像したが、でもそれだと「スケープゴート」の意味が通じない。

英和辞書で scapegoat を見てみたが、scape の意味が分からない。

scape も見てみたが、茎? 羽軸? 柱???
「スケープゴート」と繋がらないな。


で、色々見てみたが、これか。

scapegoat
「(荒野に)逃げることを許されたヤギ」の意
(scape (escape の中期英語形)+ GOAT)


「スケープ」は「エスケープ」だ、と。

「スケープゴート」は、人の罪を負わされて、野に放たれたヤギ。
その「放たれた」部分が「escape」で、その頭の「e」が取れて「scape」。

だから「スケープゴート」には、直接には「罪を負わされる」とか「身代わり」のような意味は入ってないようだ。


ところで。

scape は escape の中期英語形とな。
何それ?

「中期英語」でググったら、Wikipediaの「中英語」がトップに来た。
中期英語、中英語、中世英語、か。

その「発音」のところを見ると、

いわゆる黙字(Silent letter.発音されない文字)はなく、どの字も読む。knightはナイト[nait]でなくクニヒト[knict]と読む。

とある。
中期英語のままだったら、日本人にもいくらか分かりやすかったかも ^^

posted by 並句郎 at 11:14| 言葉・疑問 | 更新情報をチェックする